運動療法 種類

運動療法の種類や目的をご紹介!注意点を理解しよう

整骨院などの自費メニューでも取り入れる運動療法は、整形外科疾患や内科疾患などでも用いられており、健康維持に欠かせません。

今回は運動療法の種類や目的を注意点とともに解説します。また、運動療法の中に取り入れたい、運動メニューの中からストレッチもいくつかご紹介しています。

満足度の高い自費メニューを提供するためにも、まずは運動療法について理解していきましょう。

運動療法ってどんなもの?

運動療法とは、運動により障害や疾患の症状の改善、予防を図るために行う運動のひとつです。これまで運動療法と言えば、脳卒中後の身体麻痺になどの中枢疾患に対するものや、骨折などの整形疾患に対するものが主流でした。しかし、最近では生活習慣病の改善や心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーションなどの内科疾患に対する運動療法も積極的に行われています。

運動療法の目的と対象

適度な運動は心身を健やかに保つためにも大切です。近年、内科的アプローチにも活用されるようになった運動療法の目的と、対象となる患者について解説します。

整骨院や接骨院での運動療法の目的

整骨院や接骨院での運動療法の目的は、骨折や脱臼の治療により一時的に低下した筋力を回復する目的で行われます。

整復や固定のために患部を一時的に安静にしていると、関節の動きや協調性や巧緻性を失い、スムーズなに動かすことができません。ケガが治っても本来の機能に回復するには時間を要し、その間に何もしなければ日常生活に支障が出たり、再発のリスクが高まったりします。

整骨院では、器具や医療機器と合わせて柔道整復師の手による機能の回復も行ないながら、日常生活の早期復帰を図っています。

内科疾患に対する運動療法の目的は、中性脂肪や体脂肪の減少、血圧の降下、血糖の低下、糖質代謝の改善など生活習慣病の改善にも用いられます。その他には運動時の刺激により、筋萎縮や骨粗鬆症などの予防、運動によるストレス解消でストレス性疾患の改善にも効果が期待されています。

また整形疾患では、日常生活で必要となる立ち上がったり座ったりする動作や、階段の上り下りなどの移動動作の維持または改善を図るのが目的です。ケガの治癒後の筋力強化や体力維持などの健康増進などに用いられています。

運動療法の対象となる患者

運動療法の対象は、中枢疾患や整形疾患の患者さんや、呼吸器疾患を持つ患者さんをはじめ、急性心筋梗塞や慢性心不全などの大血管疾患の術後の患者さんなどです。

また、有酸素運動によって中性脂肪や体脂肪、糖代謝の改善が目的のため、肥満症や高脂血症、高血圧、糖尿病の患者さんも対象です。運動療法は術後の体力低下の改善や、活動量が低下した高齢者など幅広い方が対象となることが特徴と言えるでしょう。

運動療法の種類について

運動療法の種類には、有酸素運動、無酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチングなどいくつかあります。それぞれ身体への負荷や期待できる効果も異なるため、患者さんの症状に合った運動療法の種類を取り入れましょう。

運動療法の種類① 有酸素運動

有酸素運動とは、筋肉を動かす際のエネルギーに、酸素を使う運動です。エネルギー源に脂質や糖質を使うため、血中脂質や血糖の減少が期待できるため、高血圧や高血糖、脂質代謝異常症などの患者さんにも取り入れたい運動です。

また、心肺機能の改善や骨粗鬆症の予防としても取り入れられています。有酸素運動はある程度の時間をかけて、息が上がる程度の運動が理想です。

【代表的な運動例】

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 体操
  • エアロビクス
  • 水泳・水中ウォーキング
  • サイクリング

運動療法の種類② 無酸素運動

無酸素運動とは、筋肉を動かす際のエネルギーに酸素を使わない運動です。有酸素運動に比べて短い時間にエネルギーを多く必要とし、時間当たりに消費するエネルギーが大きいことが特徴です。時間当たりのエネルギー消費量は大きいため、疲労のもととなる乳酸が溜まりやすく、長時間の運動には不向きです。

【代表的な運動例】

  • 短距離走(全力疾走)
  • ダンベルやマシンを使ったウエイトトレーニング
  • 腕立て伏せ・スクワット・腹筋などの筋力トレーニング

運動療法の種類③ 筋力トレーニング

筋力トレーニングとは、文字通り筋力を高めるために行う運動です。

関節の動きを伴わず行う等尺性運動と関節の動きを伴う等張性運動があり、筋肉に負荷をかけて繰り返し動作を行う等張性運動はレジスタンス運動とも呼ばれ、物を持ち上げたり歩行をしたりするような運動です。

等尺性運動は、例えば、実際に膝を伸ばさないけれど伸ばそうと意識して力を入れるトレーニング方法です。関節への負担も少なく低負荷で行えるため、運動療法の開始時に用いられるほか、筋力や体力が低い方に取り入れやすい運動です。

運動療法の種類④ ストレッチング

ストレッチングとは、筋肉を柔らかくしなやかにして柔軟性を高める運動です。ケガの予防や、疲労の蓄積を予防するために運動前後に取り入れられています。

ストレッチングには、関節の動きに合わせて筋肉の伸縮を繰り返し行う動的ストレッチングと、筋肉をある程度伸ばした状態で静止して行う静的ストレッチングとがあります。

静的ストレッチングは、関節や筋肉への負荷も軽く、リラクゼーション効果も得られるため、運動療法の開始時や運動後のクールダウンとして用いられます。

腰痛持ちの方にオススメの運動療法4種

ここからは、腰痛に悩む方に向けて、リハサクが提供する運動メニューの中からオススメの運動療法を紹介していきます。症状に合わせて無理のない範囲で行いましょう。

前に屈むと腰が痛む場合は、背骨の椎骨と椎骨の間にある椎間板に問題がある可能性があります。物を拾う際の動作で椎間板が圧迫されて痛むほか、背筋が弱い方に起こりやすいです。

また猫背や前かがみになりがちなデスクワークの方にも多いとされています。

膝抱えストレッチ

回数 10秒×10セット
目的 背中の筋肉を柔らかくする。
注意点 ①痛みのない範囲で行う。

②ひきつける際に肩が浮かないように注意する。

①仰向けに寝て両膝を抱えましょう。

②腰を丸めるようにお腹を引き寄せます。腰の伸びを感じましょう。

③ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

④さらに伸ばしたい場合は、腰の下に丸めたタオルを入れましょう。

大殿筋ストレッチ(座位)

回数 10×10セット
目的 お尻の筋肉を柔らかくする。
注意点 痛みのない範囲で行う。

①椅子に座り、片足を反対側の膝に乗せる。

②抱えた膝を反対側の肩の方向へ寄せる。

ゆっくりと元の姿勢に戻る。

※注意点 背中が丸くならないように注意する。

CAT&DOG

回数 10回×3セット
目的 骨盤・背中・肩甲骨の動きを良くする。
注意点 痛みのない範囲で行う。

①四つん這いになる。

②背中を反り肩甲骨を寄せる。

③背中を丸めて肩甲骨を広げる。

※注意点 肘が曲がらないように注意する。

ハムストリング ストレッチ(仰臥位)

回数 10秒×3セット
目的 太もも後面の柔軟性向上。
注意点 痛みのない範囲で行う。

①仰向けの状態で膝を抱える。

②お腹と太ももをつけた状態で膝を伸ばす。太もも後面が伸びている状態を保持する。

③ゆっくりと戻す。

※注意点 膝を伸ばす際、お腹と太ももが離れないように注意する。

 

運動療法を行う上での注意点

運動療法にはさまざまな種類があり、ケガの治癒後の筋力強化や日々のトレーニングだけではなく、生活習慣の改善や病気の予防などでも用いられ、それぞれに合った運動を取り入れることが可能です。しかし、運動療法を取り入れるにあたって注意しておきたいことも。ここでは運動療法を行うにあたり、運動の目安や注意点などをお伝えします。

運動時間や回数の目安

運動療法にもいくつかの種類があります。そのうち、運動の機会が少ない方や運動が苦手な方でも取り入れやすいのが、有酸素運動です。酸素を十分に取り入れて、体全体の筋肉を使うことができる有酸素運動は、1回に20~40分行い、週3 回実施すると良いとされています。
また筋トレやストレッチは簡単な10分程度のメニューからはじめ、30分~1時間程度と徐々に時間を増やしていきましょう。

運動は無理なく、楽しく行うのが長続きのコツです。運動する時間がない場合は、通勤のときに一駅歩く、外出中はなるべく階段を使うなどの工夫をしてみましょう。

運動中に気を付けること

経口血糖降下薬やインスリン療法などで薬物療法を実施している患者さんは、運動中に低血糖になる可能性があり注意が必要です。

運動実施の際は患者さんが使用している薬について、医療スタッフも確認しておきましょう。糖尿病患者さんが運動を行う際は、必ずブドウ糖やジュースなどを近くにおいておくほか、運動する時間帯にも注意し、低血糖の心配が少ない食後に行いましょう。

運動療法を行うにあたり注意すべき人

以下のような方は運動療法を行うにあたり、事前に医師への相談が必要です。また、運動実施の際は医療スタッフの下で行い、開始して気分が悪くなるなどの不調がある場合には、すぐに運動を中止しましょう。

  • 血糖コントロールが極端に悪いとき(尿ケトン体が中等度以上の陽性)
  • 増殖網膜症による眼底出血があるとき
  • 虚血性心疾患や心肺機能に障害があるとき
  • 腎不全の状態
  • 骨・関節の病気を持っているとき
  • インフルエンザなどの急性感染症にかかっているとき
  • 糖尿病壊疽
  • 高度の糖尿病自律神経障害など

まとめ

運動療法にはいくつかの種類があり、患者さんに合わせて継続して行えるようなメニューを考えることが大切です。リハサクなら症状に応じてオススメの運動メニューをすぐに選べます。本記事やリハサクの運動メニューを参考に、患者さんにより良い運動メニューを提案してみてはいかがでしょうか?

<参考>

Close Bitnami banner
Bitnami