柔道整復師がスポーツトレーナーになるためには?スポーツトレーナーになるために取得しておくべき資格

柔道整復師の資格を生かせる職業は多く存在します。特に、近年の健康志向やスポーツブームによって、スポーツトレーナーとしての需要が高まっています。

この記事では、柔道整復師資格保有者がスポーツトレーナーに従事する上で、必要な知識や仕事の内容について解説します。

スポーツトレーナーの多くは柔道整復師資格保有者

スポーツトレーナーは、スポーツをする人を対象に、トレーニングの指導やコンディショニングのサポートを行う専門職です。現役で活動するスポーツトレーナーの9割が、柔道整復師、もしくは鍼灸師の資格を保有しています。

スポーツトレーナーになるために、必須の資格はありません。しかし、スポーツトレーナーが担う仕事の中には、マッサージやストレッチの指導など、人の身体に直接触れて行う施術が多く含まれます。柔道整復師をはじめとした各種国家資格はこれらの施術を行う上での公的資格です。

無資格で行った行為により事故が起きた場合、法的責任に問われるリスクは少なくありません。そのため、スポーツトレーナーとして活動するためには、柔道整復師などの資格を保有しているのが一般的です。

実務面においても、身体に関する専門知識や整復・固定の処置など、柔道整復師の経験が役立ちます。

柔道整復師が活躍できるスポーツトレーナーの種類とは?

スポーツトレーナーは、活動する分野や仕事の内容によっていくつかに分類されています。ここではスポーツトレーナーの種類ごとに、概要と仕事内容について解説していきます。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、スポーツ現場において、アスリートが負ったケガや故障に対応する仕事です。ケガの容体と程度の評価を行い、脱臼や骨折の応急処置、必要に応じて救急車を呼ぶなどの判断を下します。

ケガの情報を医師に伝達する、診断結果をアスリートに説明するなど、医師とアスリートの間のパイプ役も務めます。迅速な判断と的確な対応が要求されるため、専門的な知識と経験が必須です。

現場での応急処置のみならず、治療後の療養から復帰までのサポート、ケガの予防についての指導も重要な仕事です。

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーとは、ケガを負った人の早期復帰をサポートするスポーツトレーナーです。仕事の内容から、リハビリトレーナーと呼ばることもあります。アスレティックトレーナーがスポーツ現場で活動するのに対し、メディカルトレーナーの活動の場は主に医療機関です。

ケガの治療後、医師や理学療法士と連携してリハビリのプランを作成、実施指導を行います。リハビリ後のマッサージやストレッチも仕事に含まれます。治療に支障の出ない範囲で、ケガを負った部位以外の筋力トレーニングの指導も行うこともあります。

ケガ人以外にも、高齢者の身体機能回復のためのリハビリに関わることも多く、福祉業界での需要もあります。柔道整復師との親和性が高いトレーナーです。

コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーとは、運動前後の体調管理や調整を行うトレーナーです。

練習や試合前にアスリートの体調を整え、最も良いコンディションで競技に臨めるようサポート、競技後にはクールダウンやメンテナンスのサポートを行います。

アスリートの能力を分析し、心肺能力の向上や筋力強化メニューの作成など、トレーニングの指導全般も仕事に含まれます。トレーニングのみならず、生活習慣や食事のアドバイス、メンタル面でのケアなど、アスリートが最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、総合的にサポートする仕事です。

フィットネストレーナー

フィットネストレーナーとは、スポーツジムやフィットネスクラブなどの施設において、利用者に運動の指導を行うトレーナーです。

ダイエットや体力づくりなど、利用者の目的は様々です。年齢や性別、体形によって必要なトレーニングは異なるため、それぞれに合わせたトレーニングプログラムの作成と指導が重要です。所属するジムによっては、栄養士・管理栄養士と連携して食事指導も行います。

近年のパーソナルジムの流行に伴い、フィットネストレーナーの需要が高まっており、経験を積んだトレーナーが独立し、セレブ専属のフリーランスとして活動する例もあります。

ストレングストレーナー

ストレングストレーナーとは、スポーツを行う人に対して、身体機能や筋力の強化指導を行うトレーナーです。一般向けに指導を行うフィットネストレーナーに対し、ストレングストレーナーの対象はプロアスリートや実業団の選手になります。

主な仕事は、目的別トレーニングメニューの考案と指導です。アスリートが成果を発揮するために必要な能力は、スポーツによって大きく異なります。そのため、競技に対する理解や専門知識、個々の能力分析などの能力が求められます。

プロのスポーツチームに所属する以外に、トップアスリートとの専属として活躍するストレングストレーナーもいます。

柔道整復師がスポーツトレーナーになるために取得しておくべき資格

 

前述のとおり、スポーツトレーナーになるために必須の国家資格はありませんが、柔道整復師以外に持っておくとよい、民間資格についていくつかご紹介します。

公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)

公益財団法人 日本スポーツ協会(旧名:日本体育協会)が認定するメディカル・コンディショニング資格です。トレーニングに関する知識だけではなく、スポーツドクターや栄養学に関する知識を取得することができます。

日本スポーツ協会が主催する講習を受講し、知識確認テスト、理論試験、実技試験の3つの試験を受験する必要があります。知識確認テストは6割以上の正答、理論試験と実技試験は両方の結果について総合的に判断され、合格することで認定を得られます。

講習を受講するには、日本スポーツ協会もしくは加盟団体からの推薦が必須です。

認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)

柔道整復師の団体である公益財団法人 柔道整復研修試験財団を母体として設立された、特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会が認定する資格です。

スポーツ現場における外傷処置や予防について、トレーナー知識と医療の双方からアプローチできる点が特長です。

取得には柔道整復研修試験財団の正会員になる必要があります。正会員になるためには、同法人の主催する講習会、もしくは通信教育講座を受講して単位を取得。かつ柔道整復師や理学療法士などの国家資格、もしくは定められた関連の民間資格を有していることが条件です。

上記の条件を満たしたうえで、柔道整復研修試験財団の正会員として認定されることにより、認定アスレチック・トレーナーの資格を有することができます。

スポーツトレーナーとして働く柔道整復師の仕事内容

スポーツトレーナーとして働く柔道整復師の仕事内容について、代表的なものをいくつかご紹介します。

コンディションの維持管理

アスリートが最大のパフォーマンスを発揮できるように、試合や競技会の本番スケジュールに合わせてコンディションの維持と管理を行います。

コンディショニングには、本番当日に向けた身体能力の強化や筋力の増強を促しつつ、体調だけではなく精神状態についてもベストな状況で挑めるようなサポートが必要です。そのため、トレーニング、生活習慣、休養のバランスを考えつつ管理スケジュールを作成し、コンディションの維持と向上をサポートします。

また、コンディションの維持には、プライベートの管理も欠かせません。アスリートが自身の体調を把握できるよう自己管理についての指導も併せて行い、特に重要な食事については、栄養士・管理栄養士との連携により献立の指導、必要によっては家族の協力も仰ぎます。

トレーニングプログラムの作成と指導

トレーニングプログラムは、対象となる人の目的によって指導内容が大きく異なります。

アスリートが対象の場合、競技の本番に向けたスケジュールを考慮し、目的別のトレーニングプログラムを提案。アスリート自身の意見も取り入れつつ、最も効果が得られるようなトレーニング指導を行います。

一般向けのジムやフィットネスクラブでは、ダイエットをしたい、適度な筋肉をつけるボディメイクをしたいなど、利用者それぞれの目的に合ったプログラムを作成する必要があります。

年齢や性別、体系によっても指導内容は変わるため、トレーニングや食事の専門知識はもちろん、利用者の正確な要望を理解するためにコミュニケーション能力が重要な仕事になります。

ケガの応急処置

スポーツ現場において、アスリートが不慮のケガや故障に見舞われるケースは少なくありません。スポーツトレーナーがスポーツ事故の現場に立ち会った場合、正しい知識を用いて適切な応急処置を施せるかが重要です。

また、応急処置や対応のスピードは、アスリートの予後や復帰までの時間に大きく関与するため、現場では処置能力だけではなく、迅速な判断力が求められます。

骨折や脱臼の処置、テーピングなど、柔道整復師としての経験を最大限に生かせる仕事です。

競技復帰のためのリハビリテーションサポート

スポーツ外傷を治療するのは医師ですが、治療後から復帰までのリハビリは、スポーツトレーナーが大きく貢献できる領域です。

いかに短いブランクでアスリートを現役復帰させられるか、ケガの経過を確認しつつ理学療法士などの専門職と連携し、リハビリのサポートを行います。

療養中の筋力低下を防ぐため、ケガをした部位以外の筋力トレーニングやストレッチも同時に指導します。

まとめ

スポーツトレーナーは、活動の場や分野によっていくつかの種類に分かれ、仕事は多岐にわたります。いずれの場合でも、柔道整復師が有する専門知識が密接に関わる職業です。スポーツトレーナー固有の必須資格はありませんが、柔道整復師取得者が多く活躍する領域といえます。

これからスポーツトレーナーを目指す方は、柔道整復師のとしての経験に加えて、専門性を意識されてみてはいかがでしょうか。知識が多い、栄養学に知見がある、アスリート指導に従事したいなど、ご自身の得意分野によって、スポーツトレーナーとしてどのスタイルを目指すか検討してみてください。

<参照元>

https://www.niken.jp/course/sports/

https://www.hokushinetsu.ac.jp/trainer/

https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid218.html

http://jatac-atc.sblo.jp/article/45737868.html

https://www.personaltrainer-

Close Bitnami banner
Bitnami