整骨院 接骨院 自費 メニュー

整骨院(接骨院)は自費メニューの展開が必須!自費メニューの種類や展開の手順をご紹介

保険適用がますます厳しくなっている整骨院や接骨院業界においては、自費メニューの導入が迫られています。しかし、実際にどう行動して良いのか分からない経営者や担当者の方が多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな整骨院や接骨院の自費メニューを円滑に導入する方法をご紹介していきます。

整骨院(接骨院)で自費メニューが必要となっている背景

整骨院や接骨院を経営している方にとって、保険による施術がすでに限界をきたしているとひしひしと感じているのではないでしょうか。実際に保険請求の金額は年々減ってきており、従業員の給料を減らしたり、スタッフを独立させて規模を小さくしている方も少なくありません。そんな不安だらけの業界で生き残るには、自費メニューが必須なのです。

また、整骨院・接骨院の保険(療養費)は年々減少しています。これは整骨院や接骨院だけの課題でなく、整形外科などの病院やクリニックにおいても同じことが生じており、診療報酬は年々減少しています。

整骨院や接骨院の保険(療養費)も同様に減少しており、更に整骨院や接骨院の店舗数を増加基調にあることから、整骨院や接骨院1店舗が申請出来る療養費はこの10年で半分近くにもなってしまっていると考えられます。

かつては、請求した分だけ振り込まれるというのが当たり前でしたが、そういったことも過去の話になりました。さらに雑誌やテレビで整骨院や接骨院の不正請求が叫ばれ、利用者自体も現況傾向です。加えて不正請求社による逮捕が続き、行政も本腰で調査を始めています。

さらに、保険の支払元でもある健康保険組合も経営に苦しんでいる状況でもあります。今や多くの健康保険組合は赤字経営に陥っており、吸収・合併を繰り返しながら何とか経営しています。

このような状況から、整骨院や接骨院業界において、ますますの保険適用の範囲が限定される可能性は高く、また保険適用そのものが出来なくなってしまう日が来てもおかしくありません。

つまり、今のうちから自費のメニューを増やし、保険に頼らない経営が求められているということが言えます。

整骨院や接骨院で自費メニューはどんなものがあるのか?

鍼灸 カルテ

保険がなくなる、保険組合は潰れそうだ、これらの不安に対応するのが自費メニューです。しかし、自費メニューと言ってどんなものがあるのでしょうか。

すでに自費メニューを導入している接骨院や整骨院では、軌道に乗っているサービスが多くあります。このように軌道に乗っている自費メニューは、いくつかに絞られてきており、代表的な自費サービスは以下のようなものがあります。

  • 運動療法
  • 骨盤矯正などの産後ケア
  • マッサージ・ストレッチ
  • 物理療法(電機治療など)
  • 鍼灸

これらについて紹介していきます。

運動療法

運動療法が自費でできるというのは意外に知られておりません。大手の主婦向けのトレーニングジムなどは、自費によるサービスの典型と言えます。この運動療法を整骨院や接骨院で展開していくのです。利用しやすいように月額制にしたり、あるいは少額で毎日通ってもらうというようなものがあります。

また、患者さんのターゲット年齢を低めに設定し、部活をしている学生向けにトレーニングを行うのも一つの手段といえるでしょう。

骨盤矯正などの産後ケア

産後のケアなどは多くの女性の悩みです。そんな悩みを自費で解決するというものがこのメニューになります。

例えば、開いた骨盤を施術によって改善したり、出産後の体調不良をやわらげたりと言ったものや出産前のコンディションを取り戻すための運動療法もこれに含まれます。

また、必要に応じて産後の不安定な女性の心身をケアするカウンセリングも産後ケアに含まれます。

子どもを受け入れやすいようにキッズスペースを設置したり、スタッフに子どもの面倒が見られる状態を整えるなど、技術以上に周辺環境を整備することがポイントです。産後ケアはLTVが高いと言われる20~40代女性を狙うことも出来ます

マッサージ

ストレッチオンリーで経営を行っている接骨院・整骨院も多々ありますが、マッサージで自費メニューを増やしても十分に収益が狙えます。ただ、今ではあらゆるところでクイックマッサージや時間制のマッサージサービスが展開されていますので、これから取り入れるという方は多少の工夫を凝らすことが必要でしょう。

自費メニューとしてマッサージを導入する際には、30分3000円などといった時間制で展開するのがおすすめです。長時間の施術の場合は予約制にし、従業員のスケジュールの管理を行うと良いでしょう。

物理療法(電気治療など)

他の施設にはない物理療法の機器を導入して、それを自費メニューとして展開するという手段もあります。初期投資は大きいですが、一度導入してしまえば投資が回収できたら後はそのまま収益につながっていきますので、長期的に経営を見込める方にはぜひおすすめしたい自費メニューです。

実際に整骨院や接骨院に限らず医療機関の自費メニューとしても取り入れられていますので、医療機関と差別化できるような特典を設けることが大切です。

また、機器で行う物理療法は、電気治療は一度セットすれば手が空くので、その際に他の患者を見るなど、忙しい柔道整復師にとっては欠かせないものになっています。

鍼灸

古くから自費メニューとして、知られているのが同じ東洋医学の鍼灸です。鍼灸は、整骨院や接骨院との親和性が高く、頻繁に利用されているメニューと言えます。また、患者も鍼灸は自費であるという認識が強いため、違和感なく受けてくれるというメリットもあります。

ただ、鍼灸につきましても需要に対して供給が飽和状態になっておりますので、しっかりと自分たちのメリットを表現する、または施設独自の特典を付けてあげることが大切です。

どのように自費メニューを展開するのか

鍼灸 カルテ

 

これまで自費メニューにはどんなものがあるのかを紹介しましたが、きちんとしたPRや体制づくりを行わなければ意味がありません。

そんな自費メニューを導入するまでの展開方法には以下のものがあります。

  • 準備
  • 設計
  • PR

これを元に展開していくのがおすすめです。

準備:機器の購入、技術・スキルの習得

まずは、機器の購入にかかる費用や技術、スキルの取得に必要な資金を用意しましょう。機器の購入に関しては、特殊な物療機器の導入だけではありません。先ほども触れたようにキッズスペースや専用の施術スペースと言ったものを確保するというものといったものも含まれます。

技術の習得については、セミナーを受けることはもちろんのこと、場合によっては研修を通じて現場で学ぶことや、スタッフが客の役割をこなす、所謂ロールプレイを通じて実際に体験して改善をしていくことが重要です。

言い方を変えれば、この準備がうまくいけば自費メニュー導入もスムーズと言えます。

設計:コンセプト・料金の設定

自費メニューを導入する際には設計も重要です。それは、コンセプトや料金の設定に集約されます。

コンセプトは、ターゲットの設定やどういった収益モデルにするかと言ったものです。ターゲットは女性をターゲットにするのか、男性をターゲットにするのかと言ったものや若者、高齢者、ミドルなどの年齢ごとのターゲットを言う設定も重要と言えます。

料金に関しては、今までの収入と変わらないだけの収益が見込めるかと言ったものも重要ですし、場合によっては投資を回収する意味で高めにする必要にも迫られることも少なくありません。料金金額は、他院や他のサービスなどを参考に設定するというのもオススメです。

PR:自費メニューを新規患者や通院している方にアピール

コンテンツとして自費メニューが完成したら、主に広告を通じてPRをしていきましょう。最近はポスティングやインスタグラムなどのSNSを利用したPRを行うのが効果的になってきています。

ただ、広告費に限りがある場合は、口コミ・紹介や、クラブ活動への運動指導や子育て世代のお母さんに対する栄養教育(食育などの地域活動)を通じて周知していくことがおすすめです。地域活動は時間が掛かりますが、接骨院の集客の打ち手として、とても優れております。

また、通院中の方にも自費メニューを提案して客単価を上げることで全体的な売り上げを出すことが可能です。

 

自費メニュー展開にあたって気を付けること

すぐに始めたいという方も少なくありませんが、焦りは禁物です。このように自費メニューを入れるには、エネルギーが必要になります。一週間でコンテンツを作って導入というわけにはいきませんので今のうちから少しずつ、できることから行っていくのがポイントです。

急なメニュー転換や価格転換はしない

自費メニューのセミナーなどに行くと「すぐ自費メニューを展開しましょう。」と指導されがちですが、自費メニューの展開は慎重に行うようにしましょう。理由として、自費メニューで患者さんを捕まえようとすると、既存患者の離反が起きて店舗の売上が逆に少なくなってしまうというリスクがあるからです。

そのため、自費メニューの展開は半年から1年程度で徐々に行っていくようにしましょう。

物理療法(治療機器)は初期費用も高く、回収までに時間を要する

物理療法機器を自費メニューに入れる場合も注意です。回収までに時間がかかるというのがその理由になります。

例えば、患者さんの離反が起きないように現実的な価格設定を行おうとすると、1回200~300円程度になることも少なくありません。物療機器は、本格的なものだと数百万円するので、回収までに数年はかかるということを覚悟する必要があるのです。

これでは自費移行しても全く収益が望めませんから、物療機器以外のメニューも検討が必要になります。

鍼灸や手技(マッサージ)もセミナーなどでスキル習得までに時間・お金を要する

鍼灸や手技による自費治療は資格が必要になる場合が多いです。資格取得に向けたスキル習得セミナーなども半年以上の期間を要することが少なくありません。さらに鍼灸に至っては、免許を取得するために学校に通う場合は卒業までに数年はかかりますし、費用も数百万円かかってしまうことがありますので自費メニューを展開する前に1度調べておくようにしましょう。

まとめ

業界で保険による施術ができなくなり、自費メニューに迫られているものの、その導入には費用や時間がかかります。そういった悩みを解決してくれるものの一つが、リハサクです。

リハサクではリハビリの専門家である理学療法士が考案した500を超える運動療法のメニューを簡単に提供できるようになっております。つまり、リハサクでは自費メニュー展開の初期投資を少なく抑えることができ、今すぐにでも患者さんに提供することができるのです。

「自費メニューを入れたい、でも時間もお金もない。」そんな接骨院や整骨院経営者にとって有効なものがこのリハサクと言えます。イチから自費メニューを作りたい方も一度検討してみることをおすすめします。

<参照元>

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65915?page=3

https://yawarabiz-jn.com/media/column/fraudulent-billing-2018

Close Bitnami banner
Bitnami