整体院で上手に集客ができない理由とは?活用できる集客方法をご紹介

整体院の経営を安定させるためには効果的な集客が欠かせません。ただ、「集客をしているのにうまくいかない」「どうやって集客していいのか分からない」という声もよく聞かれます。

集客がうまくいかない理由としては、そもそも集客が何かを理解できていないこと、集客の方法が間違っていること、集客の対象がズレていることなどがあげられます。

そこで今回の記事では、整体院でうまく集客ができない理由と活用できる集客方法についてご紹介していきます。

そもそも整体院における集客とは ~集客戦略を練る上で押さえるべきポイント~

整体院での集客を効率よくおこなうためには、そもそも整体院における集客にどのような性質があるのかを知っておくことが重要です。ポイントは、集客を3つのパターンに分解することです。

集客を3つに分解する

整体院の集客には3つのパターンが存在します

  1. 新規顧客に対する集客
  2. 継続して来てもらえるようにするためのリピーターへの集客
  3. 過去に来院されたものの、症状が改善したため足が遠のいてしまった患者様に対する集客

集客がうまくいっていないという方の場合、この3つを混同して考えているケースが多く見られます。

3つの集客はそれぞれ性質が異なっているため、見込み患者様(整体院を受診しようかどうか迷っている人のこと)と、既存患者様とに分けて、異なったアプローチをすることが重要です。

まず、見込み患者様に対しては自分の整体院を認知してもらい、興味を持つようにアプローチを行いましょう。

一度来てもらった患者様に対しては、アフターフォローが重要です。なぜなら、しっかりとアフターフォローをするかしないかによって、その患者様から得られるLTV(ライフタイムバリュー:1人の患者様が整体院に生涯でいくら支払ってくれるのか)が全く異なってくるからです。

足が遠のいている患者様に対しては、自分の整体院の存在を思い出してもらうアプローチが効果的です。新規顧客を集めるよりはるかに効率が良いので、定期的なフォローを欠かさないようにしましょう。

3つの集客の優先順位

上記でご紹介した3つの集客方法に優先順位をつけると以下の通りになります。

  1. 2度目以降の再来を促すための集客
  2. いったん卒業した患者様の再来を促すための集客
  3. 見込み患者(全くの新規)の集客

 
理由としては、このような順番で集客を行うことで、もっとも費用対効果が高くなるからです。

多くの施術所では集客と聞くと、新規顧客を集めることばかりにフォーカスを当ててしまいますが、まずはリピーターを増やせるような集客方法を行いましょう。

但し、認知が少ない開業直後だけは例外的に新規を集めるための施策を打ちましょう。あなたの院が開業から既に1年以上経過しているようであれば、リピーター増加の施策を講じたほうが賢明です。

整体院でうまく集客ができない理由

次に、うまく集客できない整体院の理由について解説していきます。

ターゲットが明確になっていない

整体院のターゲットが明確になっていないと上手く集客することはできません。ターゲットが明確になっていないと、ホームページやチラシの文言も曖昧になってしまうからです。

仮に慢性的な腰痛に悩まされている方がいた場合、腰痛や肩こり、頭痛、骨盤矯正、美容整体など、いろいろな施術をおこなっている整体院と、腰痛を専門としている整体院のどちらを選ぶでしょうか?

やはり腰痛を専門としている整体院を選ぶ方がほとんどだと思われます。

ターゲットを明確にすると、「それ以外の患者様が来なくなるのでは?」と心配になるかもしれませんが、実際には、ターゲットに合った患者様に自分の施術所を選んでもらいやすくなります。

逆にターゲットがしっかりしていないと、取り柄が無く誰からも愛されない整体院になってしまうので、ポジショニングと自分のスタンスをはっきりさせましょう

ホームページを活用できていない

整体院でうまく集客できない理由としては、ホームページを活用できていないこともあげられます。この点は、主に新規顧客を集める際に問題となるでしょう。

インターネットが全盛となった昨今、整体院に来院する患者様のほとんどは、事前にインターネットで調べてから問い合わせ、来院を行います。

そのため、整体院のホームページが整備されていない場合は、集客の大きな機会損失と言えるでしょう。

口コミサイトやSNSを利用していない

口コミサイトやSNSを利用していないことも、整体院における集客率を下げる要因となります。

整体院の場合、いくらホームページで「頑固な肩こりを改善しました」「こんな症状の方におすすめです」と宣伝しても、患者様の心にはなかなか響きません。それよりも実際に来院された患者様の口コミの方が断然、集客力は強いです。

また、FacebookやTwitterなど、SNSを利用していないことも、新規顧客獲得の可能性を下げることがあります。特に初めて整体の施術を受ける方にとっては、施術師がどんな人なのかを気にする人も少なくありません。

FacebookやTwitterなどで施術所の状況を発信することで、患者様に安心感を与え、集客につながることもありますので、できるだけSNSは活用していくようにしましょう。

技術力が足りていない

技術力が足りていないことも、うまく集客できない理由の1つです。特に初めて来院された方は、初回の施術で多少の効果を感じられないと、もう1度同じ整体院に行こうとは思いません。

まず、初回で来てくれた方の痛みをしっかりととってあげられるような技術を身に付けるようにしましょう。

整体院で活用できる集客方法

整骨院 接骨院 集客

整体院の集客がうまくいかない理由について理解し、そもそも3つの集客のどこにフォーカスするかを決めれば、今後の集客方法の筋道が立てられるのではないでしょうか。そこで、3つの集客パターンにあてはめて、整体院で活用できる集客方法を紹介したいと思います。

インターネット

インターネットが全盛のこの時代に置いて、インターネットを活用できるかどうかは、集客の結果を大きく左右すると言って過言ではないでしょう。特に新規顧客を獲得する際に、インターネットの活用が有効です。

自社のホームページは見やすいか、スマホにも対応しているか、ターゲットが明確になっているか、料金体系や施術コースは分かりやすいかなどを確認しましょう。

また、施術者の人となりを理解してもらうため、SNSも積極的に利用しましょう。継続してSNSを利用することで、そこから新規顧客を獲得することにもつながります。

店頭ボードを設置

新規顧客を獲得するためには、店頭ボードを設置するのもおすすめです。看板はまさしく「店の顔」とも言えますし、通りがかった人に整体院の存在をアピールするためのツールにもなります。

特に、道路に面した1階部分に店舗を構えている整体院であれば、目立つような店頭ボードを設置すると良いでしょう。

店頭ボードにより整体院の存在を認知してもらうことで、新規患者様の集客に繋がります。

患者様同士の紹介

整体院で活用できる集客方法としては、患者様同士の紹介もあげられます。特に新規顧客を獲得する場合や、卒業した患者様の再来につなげる際に有効です。そのためには、紹介しやすい仕組み作りを行いましょう。

新規顧客を獲得したいのであれば、「ご紹介カード」がおすすめです。「あなたの大事な方だけをご紹介してください」などと書かれた名刺大のカードを、初回の施術後にお渡しすると良いです。

もちろん、患者様にとってもメリットとなるよう、「ご紹介いただいた場合は、次回の施術を○%引きで受けられます」など、インセンティブをつけるのも良いでしょう。

チラシを配布

チラシの配布も整体院における集客方法です。これも新規顧客を獲得する場合や、卒業した患者様の再来につなげる際に有効な手段でしょう。

集客の際になにより重要なことが、自分の整体院の存在を知ってもらうことです。そのためには不特定多数の見込み客に配布できるチラシが効果的なアイテムとなります。

自分で作って近所にポスティングするのも良いですし、折り込み広告を利用するもの良いでしょう。最近では郵便局でも、周辺地域をターゲットとしたDMの発送をおこなっています。

休眠患者にアプローチ

整体院で集客を行う際には休眠患者へのアプローチも忘れないようにしましょう。どの時期にどんな症状の患者様が増えるのかを検証したうえで、休眠患者様にダイレクトメールやお手紙を出すと効果的です。新規顧客を獲得するよりも簡単に集客へとつなげることができます。

既存顧客のアフターフォロー

整体院の集客では既存患者のアフターフォローがとても重要です。具体的な方法としましては、新患で来てくれた患者様にThankyouレターを送ったり、痛みの具合を伺うようにしましょう。

他にもインターネットで自分たちの院の口コミを記入して下さった方や、SNSで投稿してもらった方には2回目以降の施術で使えるクーポン券をお配りする方法などがあります。

実際の施術で満足してもらうことはもちろん大切ですが、2回目以降も来院しやすくなるようなアフターフォローも忘れずに行うことが大切でしょう。

整体院で集客する際の注意点

それでは最後に、整体院で集客を行う際の注意点について解説していきます。

広告に頼りすぎず、基本は口コミ・紹介を地道に増やしていく

整体院の集客を考えた場合、広告を打つのも1つの手ですが、広告にばかり頼りすぎるのは問題です。広告の集客力はそれほど高くなく、一般的にチラシの反応率は0.01%から0.3%と言われています。

仮に1000枚チラシを配ったとしたら、良くても3人の顧客獲得が見込めるということです。そのため、広告だけに頼ることなく、患者同士の口コミ・紹介を広めて貰うことを意識していきましょう。

実際に上手く経営されている整体院は口コミ・紹介による流入が一般的な整体院よりも多いと言われています。

また、患者が施設選びの際に重視している項目の7割が口コミ・実績で占めているとも言われており、広告媒体による効果は限定的であることを認識しておきましょう。

更に、広告は自社の資産としては残らずに、掲載を止めてしまった途端に効果が無くなることにもよく留意してください。一方、地道ではありますが、口コミ・実績を固めた場合は自社の資産として残ります。

しかし、広告には即効性があるので、開業直後やリニューアル直後などに認知してもらうことには有効な施策です。ただ、中長期的に広告に頼りすぎるのはあまり得策ではないので、使い道をよく考えましょう

広告規制に気をつける

整体院の広告を打つ際には、広告規制にも気を付ける必要があります。

実際に広告に載せて良い項目には主に以下のようなものがあります。

  • 施術者である旨並びに施術者の氏名及び住所
  • 施術所の名称、電話番号及び所在の場所を示す事項
  • 休日又は夜間における施術の実施
  • 出張による施術の実施
  • 駐車設備に関する事項

など

これらの内容を踏まえた上で、整体院の魅力が伝わるような広告作りを行いましょう。

費用対効果を検証する

集客する際には、費用対効果を検証することも重要です。広告媒体により広告費は大きく異なりますので、自分たちがターゲットにしている患者層や自分たちの整体院の立地に合った広告を行うようにしましょう。

せっかく広告費を掛けても、キャパシティーを上回る患者様が来てしまったら、機会損失以外のなにものでもないのです。そのため、どれくらいの頻度で集客方法を実施するのか考える必要があります。

また、過度の割引にも注意するようにしましょう。

整体院でよくある割引としては「初めての方に限り○%off」といったものがあります。ただし、新規顧客ばかり優遇していると、既存顧客の不満を招きかねません。割引は大義名分に則っておこなうことが重要です。

まとめ

整体院の集客がうまくいかないのは、集客法が間違っているだけでなく、アプローチする対象を誤っているからかもしれません。今回、集客には3つのパターンがあることを紹介しました。

中でも、既存患者様のリピート化ほど経営の安定につながる集客法はありません。初めて来てくれた患者様へのアフターフォローを手厚くおこない、しばらく来られていない患者様へも定期的にアプローチしましょう。

見込み患者様にはまず自分の治療院を知ってもらうことから始めましょう。その上で、ホームページやSNSを整備し、魅力的な整体院だと思ってもらうことが重要です。

<参照元>

https://presidentsally.com/marketing/rateofleaflet/

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000205429.pdf

Close Bitnami banner
Bitnami