整骨院・接骨院で患者が減少する原因と対処法について

平成30年の段階で、全国には50,000件を超える整骨院が存在することが分かっています。特に東京と大阪には数多くの整骨院が集中しており、2都府だけで全体のおよそ4分の1、13,000件もの整骨院があるということです。

平成20年の段階では、全国の整骨院・接骨院の件数が35,000件であったことを鑑みると、たったの10年で15,000件もの整骨院・接骨院が増えていることが分かります。

日本の人口は減少傾向にある一方、整骨院や接骨院の数は増え続けているため、当然のことながら患者様の奪い合いが起こることとなります。

その結果、整骨院や接骨院の中には、患者様の来院数が減ったというところも少なくありません。では、患者様が減少する施術所は、どのような問題を抱えているのでしょうか。

整骨院・接骨院で患者が減少する要因とは

それでは次に、整骨院・接骨院で患者が減少する要因について解説していきます。

施術のスキルが低い

整骨院・接骨院は主にケガの改善を目的として患者様がやってくる場所です。そのため、施術スキルが低いと、他所の施術所に患者様が流れ出ていくリスクが高くなります。

さらに、どのような施術をおこなっていて、どんな変化が出ているのかを明確に説明できないと、やはり患者様のリピート化につながりません。

基本的に整骨院・接骨院にはケガをした患者様が多く来られるわけですが、最近は自由診療で慢性的な肩こりや腰痛に対する施術を行う整骨院・接骨院も増えてきています。

そのような施術所では、施術のスキルだけでなく、施術のレパートリーも用意しておく必要があります。なぜなら、毎回同じような施術をしていると、患者様が飽きてしまうからです。

また、自由診療目的で来られる患者様の場合、その時々で症状が異なることも珍しくありません。そのような事態に機敏に対応できないと、既存の患者様を失ってしまう可能性もあります。

差別化ができていない 

病院に内科や外科、心療内科などがあるように、整骨院・接骨院にも得意分野というものがあります。そのため、他所の施術所との差別化を図ることが重要です。

例えば腰痛に悩まされている患者様があるとします。Aという整骨院には「〇〇市で唯一の腰痛専門整骨院」という看板があり、Bという整骨院には「肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛・出産後の骨盤矯正」という看板があったとしましょう。

その場合、先述の腰痛患者さんはどちらを選ぶでしょうか。答えは言うまでもなく、Aの腰痛専門整骨院ということになります。

たくさんの患者様を集めたいがゆえに間口を広げるのは分かるのですが、「あれもできる、これもできる」というのでは、得意分野がないといっているようなものです。

リピーターが少ない 

整骨院は基本的にケガに対する施術を行う場所なので、ケガが改善したら通う必要はなくなるわけです。ただ、次回ケガをしたときに、「またこの整骨院で診てもらいたい」と思ってもらえなければ、リピートにつながりません。

ある調査によると、整形外科を訪れる初診患者と再診患者の割合は、およそ1:9となっています。

整骨院・接骨院でも整形外科と似たような症状を扱うので、このデータは参考になるといえるでしょう。

つまり、リピーター(再診患者)の数が少なければ、それだけ患者数の減少リスクが高くなるという訳なのです。

来院を促していない 

整骨院・接骨院の患者数が減少するシンプルな理由が、患者様の来院を促していないことです。施術が終わり、会計を済ませた患者様をそのまま帰していないでしょうか。

単に「お大事に」といった場合と、「〇〇さん、今度△△の処置をするから3日後に来てください」といった場合と、どちらが再来率を上げることになるでしょう。当然のことながら、後者の再来を促した場合といえるでしょう。

例えば、風邪をみてもらう目的で病院を受診した場合、必ず次の来院に関する指示を出されるものです。整骨院・接骨院で働くスタッフは医師でこそありませんが、柔道整復師という立派な国家資格を持った施術師です。

柔道整復師も患者様のケガを改善するプロフェッショナルである以上、自信と責任をもって次回来院の指導を行うべきでしょう。そのような覚悟がないと、患者様の減少リスクが高くなるのです。

治癒までの見通しを示せていない 

患者様が減少する整骨院・接骨院の特徴として、治癒までの見通しを示せていないことがあげられます。

特に初診の方に対して、「このような施術を行うことで、〇回くらいで症状の改善が期待できます」と説明できないと、患者様は「一体いつまで通えばいいのか」不安になることでしょう。

「必ず良くなります」といった曖昧な説明ではなく、具体的な数値を交えた見通しを示すことで、患者さんが安心して通えるようになりますし、リピート化にもつながります。

整骨院・接骨院で患者の減少を防ぐためには 

日々スキルアップを心がける 

柔道整復師は資格を取ればそれでオーケーではなく、資格を取ってからがスタートです。最初は整骨院のスタッフとして働いたり、会社組織で働いたりすることが多いでしょう。

そのような毎日の中で、柔道整復師は常にスキルアップを心がける必要があります。なぜなら、技術力がともなわない柔道整復師は、いずれ患者様に見放されてしまうからです。とはいうものの、新たなテクニックだけを学んでいればよいというわけではありません。

柔道整復師として成長するためには、患者様の心の変化を学んだり、整骨院・接骨院を運営するための経営を学んだり、スタッフを育成するためのスキルを学んだりすることも、テクニックと同じか、それ以上に重要です。

効果的な集客を行う 

先述したように、整形外科を訪れる方のおよそ9割はリピーターといえます。整骨院・接骨院でも同じ傾向が見られますが、それでも新規患者の集客が重要であることに変わりはありません。

なぜなら、新規顧客がいずれリピーターになることで、院の規模が徐々に大きくなってくからです。リピーターだけに頼っていると、将来の先細りを免れることはできません。

効果的な集客を行うためには、自院の強みをアピールすることが重要です。腰痛に強いのか、肩こりの改善を得意としているのか、それとも足のケガ全般に特化しているのか、強みを打ち出しましょう。

自院の強みをアピールすることで、新規患者の獲得はもちろんのこと、見込み患者の獲得にもつながります。なぜなら、強みがあると患者様による口コミが起こりやすいからです。

「あそこの整骨院はよかったよ」という口コミより、「あそこに行けば腰痛が治るよ」といった口コミの方が強い集客力を持ちます。

リピーターを確保する施策を行う 

整骨院・接骨院の経営を安定させるためには、リピーターを確保することが欠かせません。そのためには、施術後のアフターフォローが重要です。

例えば、新規で来られた患者様に感謝レターを出したとします。それを受け取った患者様はどう思うでしょうか。きっと自分のことを気にかけてくれてうれしく思うはずです。

また、誕生日や季節の変わり目には、安否を気遣うお便りを出すのもよいでしょう。技術があれば成功すると勘違いしている施術師の中には、このようなアフターフォローを怠っているケースが少なくありません。

うまくいっている施術所の真似をする 

スポーツがうまくなるためには、上級者に倣うことが一番です。整骨院・接骨院の経営も同様で、うまくいっている施術所の真似をすることで、経営の安定化につなげることが可能です。

整骨院同士の勉強会に出るものよいでしょうし、コンサルタントに学ぶのもよいでしょう。そのようにして得た経験は、必ず今後の院運営に活かされるはずです。

説明力を身につける 

整骨院・接骨院の患者数減少を防ぐためには、技術力だけでなく、説明力を身につけることが欠かせません。せっかく質の高い施術をしていても、その質の高さが患者様に伝わらなければ台無しです。

もっとも分かりやすく施術効果を伝えるには、ビフォーアフターを利用するとよいでしょう。鏡の前に患者様を立たせ、痛みを誘発するような動作をおこないます。

施術の後で、そのような動作にともなう痛みがなくなっていれば、施術効果を示す何よりの説明となるのではないでしょうか。もちろん、そのためには技術力が必要なことは言うまでもありません。

SNSを利用する 

インターネットが隆盛となった昨今、SNSを活用しない手はありません。ホームページは持っているけど、フェイスブックやツイッター、ラインはやっていないという施術所も少なくないのではないでしょうか。

特にラインは多くの方が利用しているため、自院のラインのグループにキャンペーンの告知を送るなどすれば、安定した来院につなげることが期待できます。

新型コロナウイルスによる整骨院・接骨院の患者減少を抑えるポイント

2020年の初頭に流行の兆しを見せた新型コロナウイルス感染症ですが、同年末に至って日本国内でも爆発的に感染者数を増やしています。

そして、感染症の拡大に伴って懸念されるのが患者様の自粛です。「整骨院に行きたいけど、密が怖いのでしばらく我慢しよう」という方が少なからずいらっしゃることでしょう。

そのため、接骨院や整骨院では清潔・予約・密を避けるといった施策をおこなうべきです。手指やベッド、施術機器の消毒はもちろんのこと、検温、マスクの着用、定期的な換気をおこないましょう。

また、そのような取り組みを積極的に外部へとアピールすることも重要です。院内やベッドなどを消毒している動画、換気を行っている写真などを撮影し、ホームページやSNSに載せるなど工夫しましょう。

それによって、「あそこの整骨院・接骨院なら安心して通うことができる」という評価が得やすくなり、患者様の減少を最小限度に食い止めることが期待できます。

【接骨院・整骨院】患者減少に関するまとめ

整骨院や整骨院の数は増え続けており、今後もパイの奪い合いは続くと考えられます。そのため、うまくいっているうちから患者数の減少に対する施策を講じておくことが重要です。

目安となるのが、新規患者とリピーターとの割合です。前者と後者が1:9程度であれば、院経営がうまくいっていると考えて間違いないでしょう。

逆に、新規患者が少なく、リピーターばかりに頼っているようであれば、いずれ患者数減少の波にさらされるリスクが高くなります。

新規患者を獲得しつつ、既存の患者さんのアフターフォローをこまめにおこない、患者様の他院への流出を防ぐことが重要です

参照元:

https://mediva.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/kyoukasyo1-2.pdf

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/18/dl/kekka3.pdf

https://www.hone-u.com/industry-info/statistics/detrb1zb.php


リハサクを使って再診率を大幅に向上!
"運動指導×患者コミュニケーション"ツール


【整骨院・接骨院】リハサクの活用事例

  • 最新のエビデンスに基づいた効果的な施術
  • 患者満足度向上による再診率アップ
  • 自費メニューを導入することで保険に頼らない経営
  • 施設での運動療法を自動化することで人件費を削減

Close Bitnami banner
Bitnami