柔道整復師としての生き残りは難しい?現状から生き残るための方法について解説します

厚生労働省の調査によると、平成10年から26年まで、柔道整復師の資格取得者や整骨院の数は増え続けています。柔道整復師は国家資格です。資格を取得すれば整骨院を開業するなどして安定した収入を得られると考えている人も多いことでしょう。

しかし、柔道整復師を取り巻く現実は決して安泰とはいえません。整骨院を開業して生き残っていくのはなかなか厳しいことです。今回は、整骨院の倒産が増えている理由から柔道整復師として生き残っていく方法、アイデアを紹介します。

柔道整復師の現状について

まずはじめに、柔道整復師を取り巻く環境や現状について解説します

年々増加傾向にある

柔道整復師の有資格者は年々増加傾向にあります。これは、柔道整復師を養成する専門学校が増加しているのが大きな理由です。「柔道整復師養成施設不指定処分取り消し請求事件」の判決を受け、平成10年度に厚生労働省が柔道整復師専門学校の規制緩和を実施します。

その結果平成10年には14校だった養成学校は平成23年度には104校にまで増えました。その結果、柔道整復師の有資格者も増えたのです。

しかし、2018年に厚生労働省が「柔道整復師学校養成施設指定規則の一部を改正する省令」を施行したので養成学校の数はまた減少するのではないか、という意見もあります。

そうなれば、また柔道整復師の数も変わってくる可能性もあるでしょう。しかし、当面は有資格者は増加し続けると考えられています。

柔道整復師の平均年収は367万円程度

柔道整復師の給与は平均して正社員で367万円です。アルバイトやパートだと時給が1.101円、派遣社員だと1,450円となっています。月給だと31万円前後ですから、決して高給とは言えません。

しかし、柔道整復師は経験を積んで店舗の経営を任されたり、独立開業したりすることで収入を増やすことができる可能性が高い資格です。独立開業をすれば、年収1千万超えをする人もいます。

柔道整復師の需要は高い

柔道整復師の働き方というと、整体院や整骨院に雇われたり自分で開業したりというイメージがあります。しかし、この他に「機能訓練指導員」として介護施設や福祉施設でも働くことができたり、スポーツトレーナーとして活躍中の有資格者も多いです。

また、デイサービスやショートステイ、特別養護老人ホームでは入居者100人に対し「一人以上」は機能訓練指導員を配置しなければならないので、福祉の職場からの求人もこれから増え続けることが予想されます。つまり、柔道整復師の需要はこれからも増加していく可能性が高いのです。

柔道整復師として生き残るのが難しいと言われる理由

高い需要がありながら、柔道整復師として生き残るのが難しいと言われるのはなぜでしょうか?ここでは、その主な理由を説明します。

接骨院・整体院の療養費が減少している

接骨院・整体院の療養費は年々減少しています。これは、整骨院や整体院の増加に伴い、健康保険の不正・不当請求も増加したため、監視の目が厳しくなったことが理由です。整骨院は、顧客から「療養費支給申請書」に署名してもらい、これを健康保険組合に提出すれば、1か月分の療養費をまとめて申請できました。

これが、整骨院・整体院の安定した経営を支えていた一面もあります。しかし、監視の目が厳しくなったことにより療養費は減少しました。健康保険の経営も厳しいことから、もう健康保険に頼った経営は立ちゆかなくなると考えられています。

関連記事

保険適用がますます厳しくなっている整骨院や接骨院業界においては、自費メニューの導入が迫られています。実際に自費メニューの導入を検討している整骨院・接骨院の経営者様も多いのではないでしょうか? ただ、いざ自費メニューを導入しようとしても[…]

整骨院 接骨院 自費 メニュー

施術所が増加し競争が激化

平成29年度に厚生労働省が発表した政府統計によれば、平成18年~28年まで整骨院の数は増加し続けています。特に、東京や大阪の大都市には、6,000件以上の整骨院が開院中です。これだけ数が増えれば、競争も当然激しくなります。

柔道整復師の腕がよくても、宣伝がうまくいかなかったり固定客がつかなかったりすれば、売り上げが上がらず、倒産する可能性が高くなります。

経営のスキルが身についていない

整骨院を開業すると柔道整復の技術だけでなく、経営のスキルも必要になってきます。どちらが欠けても生き残っていくのは難しいでしょう。整骨院を開業するだけでも、資金調達や事業計画、さらに物件選びや宣伝のスキルが必要です。

開業したら、顧客の対応やリピーターの確保などのスキルも必要になってきます。現在は柔道整復師としての技術が高ければ黙っていても顧客が増える、という時代ではありません。技術は高かったのに経営スキルがないために倒産したというケースも多いです。

現在は、開業をサポートしてくれる企業もあります。しかし、いつまでも経営をサポートしてくれるわけではありません。開業をする前にある程度経営スキルを身につけておくことが、生き残る為には重要となります。

柔道整復師として生き残るためには

では、柔道整復師として生き残るためには、どのような方法やアイデアがあるのでしょうか?次は柔道整復師として生き残るための方法について解説していきます。

スキルを習得する

柔道整復師として生き残っていくためにはスキルの獲得が重要です。このスキルとは、技術だけでなく経営のスキルも含まれます。今は、資格を取得したらすぐに開業する人も多いです。

しかし、整骨院や整体院に一度就職し、経験を積んで店長やエリアマネージャーを経験すれば、経営のスキルも身に付きやすいでしょう。また、優秀な技術を持っていることが知られれば、独立した際にお客もつきやすくなります。

(店ではなく自分に固定客がつけば、独立開業をする際にもひいきしてくれるかもしれません)

他の資格を取得する

柔道整復師として生き残っていくためには、健康保険に頼った経営をせず、自由診療のメニューを増やしていくことが重要と言われています。メニューを増やすには、柔道整復師の他、以下の資格を取得するのがおすすめです。

鍼灸師:お灸や針を使いツボを刺激し、身体の治癒力を高める施術が可能。美容鍼など、審美的な施術も人気がある。

リンパ浮腫療法士:リンパ浮腫の患者に対し、運動療法や日常生活の指導などの複合的施術が行える資格です。

サポートケアリフレクソロジー:高齢者や身体の不自由な人に対してトリートメント効果のあるマッサージを行える資格

アスレティックトレーナー:スポーツ外傷や障害の予防、スポーツ現場における救急措置など、スポーツ選手のコンディションを管理するアスレティックトレーナーは、柔道整復師の資格が役立つ仕事。日本スポーツ協会の開催する講習やジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の研修を受けることで取得可能。

メディカルトレーナー:ケガをしたスポーツ選手のリハビリ指導などをする仕事。日本メディカルスポーツトレーナー協会が定める民家資格などがある。

これらの資格はのうち、リンパ浮腫療法士とサポートケアリフレクソロジーは柔道整復師の資格取得者でないと、取得できません。取得すれば施術メニューが増えるだけでなく、顧客の身体に合わせた新しいアプローチができるでしょう。

独立開業する

競争が激しくなったとはいえ、独立開業は柔道整復師として生き残っていく有効な手段です。独立開業するには完全に自分1人で行うほか、フランチャイズに加盟する、M&Aを利用するなどの方法があります。

M&Aというと企業の買収というイメージがありますが、整骨院の場合は「事業を継続できないので、誰かに引き継いでほしい」という経営者がM&Aを希望することが多いです。M&Aを募集するサイトなどもあるので、確認してみてもいいでしょう。

このように、独立開業するにもさまざまな方法があります。自分にとってどのような開業方法が合っているのか、よく考えて選ぶことが大切です。

柔道整復師の生き残りに関するまとめ

今回は、柔道整復師を取り巻く現状や資格を活用し生き残っていくアイデアを紹介しました。柔道整復師の需要はまだ高く、優れた技術を持っていれば有利です。しかし、生き残っていくためには、経営のスキルや技術向上の努力も大切になります。柔道整復師の資格を取得したことがゴールではなくスタートと考え、自分に合った生き残りの方法を見つけていきましょう。

<参照元>

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p191102.pdf

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000106911.pdf

https://www.hone-u.com/industry-info/statistics/det0b1zb.php

https://www.msmn.ac.jp/archives/5299

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc2612&dataType=1&pageNo=1

https://www.jusei-sinkyu.com/judo/capacity/income.php

https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E6%9F%94%E9%81%93%E6%95%B4%E5%BE%A9%E5%B8%AB%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

https://www.tokyo-np.co.jp/article/18707

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/16/dl/gaikyo.pdf

https://www.zenjukyo.gr.jp/news/kenbetu-sejutushosu/

https://www.jusei-news.com/gyoukai/news/2019/11/20191112.html

http://www.jclt.jp/

https://www.jrec-jp.com/license/reflexology_sd.html

https://www.jusei-sinkyu.com/landing12/

http://jmsa-sp.com/harnesses/harnesses1.html#harS2

https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid218.html

http://jatac-atc.sblo.jp/article/45737868.html

https://rbsp.jp/media/ma/3511/


リハサクを使って再診率を大幅に向上!
"運動指導×患者コミュニケーション"ツール


【整骨院・接骨院】リハサクの活用事例

  • 最新のエビデンスに基づいた効果的な施術
  • 患者満足度向上による再診率アップ
  • 自費メニューを導入することで保険に頼らない経営
  • 施設での運動療法を自動化することで人件費を削減

Close Bitnami banner
Bitnami