理学療法士として年収1000万円は可能?理学療法士の平均年収や年収を上げる方法について解説していきます

今回は理学療法士を取り巻く環境や給料の実情をご紹介しつつ、働きながら年収アップを目指す方法についても具体的な例を挙げながら解説していきます。

理学療法士の平均年収は?

まずは理学療法士の平均年収について解説していきます。

平均年収は400万円程度

政府の統計を一覧で見ることができるポータルサイト・e-statによると、2019年の理学療法士の平均月収はおよそ28.7万円、ボーナス2回分と給与以外の支払いが64.6万円とあります。28.7万円×12ヶ月+64.6万円=409万円となるので、理学療法士の年収はおおよそ400万円程度と言えるでしょう。

医療職に限定してみると、看護婦(約470万円)や歯科技工士(約370万円)など額面には幅があります。また、国税庁の民間給与実態調査によると、同年度における日本人の平均年収は436万円でした。

年収は年齢や職種によって大きなばらつきがあるため一概に比較はできませんが、データで見る限り、理学療法士の年収は国の平均かそれよりやや少ないくらいと言えるでしょう。

若手が多いため安く見える

一方で理学療法士は平均年齢が若いため、年収が安く見えている場合もあります。

上記と同じe-statによれば、理学療法士の平均年齢は33.3歳。看護婦(39.5歳)や歯科技工士(38.6歳)と、他の医療食と比べるとわずかに若いことがわかります。また、介護職のケアマネジャーにいたっては平均年齢が49.9歳と、理学療法士よりも平均年齢が大幅に上回っているんです。

それぞれの病院の給与体系や働き方によっても給料は変わってきますが、これらのデータを見てもわかる通り、理学療法士の年収の安さには平均年齢の低さが関係していると言えるでしょう。

男女差や景気には左右されにくい

また、理学療法士の業界は男女で収入の差が出にくいところも魅力です。男性が約417万円、女性が約399万円と15万円ほどの差がありますが、月々の給与に換算すればさほど大きくないと言えるでしょう。

1970年代は男性が9割を占めていた理学療法士業界の男女比も、2013年の時点ではおおよそ6:4にまでなりました。

女性でも若いうちからキャリアを形成できるという点ではプラスに働くでしょう。

また、理学療法士は景気に左右されにくい点も安定して稼げるポイントです。病院・患者の双方が対面営業を避けようとする状況下では例外となりますが、基本的に医療分野は人間の暮らしに密接に関わるため、金融危機などには比較的強いとされる業界です。

ただ、新型コロナウイルスが流行している昨今では、下記に述べるように働く場所や働き方を変える工夫がより一層必要となってきます。 

【理学療法士として年収1000万】昇進や資格を取得して稼ぐ

それでは次に、理学療法士として年収1000万円を稼ぐための方法について解説していきます。 

昇進を目指す

理学療法士として年収を上げるためには昇進を目指すのが最も一般的でしょう。

管理職など現在よりも上の地位につけば役職手当などオプションの手当てが増えることにより、給与は上がります。先述したような理学療法士の若さは、30代以上の働き盛りの年齢層が他の業種よりも早めに前線から退くことが多い証拠でもあります。

しかしながら、理学療法士として昇進するためには、理学療法の技術だけでなく従業員のマネジメント能力も必要となります。昇進するためにはなにが必要なのか、自分には何が足りないのかを常日頃考えて行動することが大切でしょう。

理学療法士以外の資格を取得する

理学療法士一本で稼ぐことが難しい場合、並行して近いジャンルの資格を所得することで、自分がこなせる仕事の幅を広げることもできます

例えば柔道整復師は分野も近く、また理学療法士と違って開業権や一部の症状に対して医師の指示なく施術ができるのも魅力的です。

鍼灸師も同様で、介護・スポーツ業界だけでなくエステサロンなど美容業界でも重宝される資格です。

ただし、柔道整復師も鍼灸師も養成施設での勉強や試験の合格が必須条件です。自分の時間的・金銭的余裕と照らし合わせながら検討する必要があります。

また他にも、海外で働くための資格を取得すのも良いでしょう。

例えば、アメリカで理学療法士となるためには一定水準以上の英語力と現地の教育機関の卒業が必要となります。また、日本で取得した単位も一部変換が可能です。アメリカは州ごとに法制が異なり、かつ手続きも煩雑なため、国外で働く前にまずは入念な下調べが必須となります。

アメリカの理学療法士は日本よりも専門的であると同時に、開業が許されているなど、幅の広い活動ができる点が大きな違いです。転職や退職後のライフプランなど未来まで考えた際、選択肢のひとつに入れてみるのはいかがでしょうか。

【理学療法士として年収1000万】副業で稼ぐ

次は、副業でプラスアルファの収入を得る稼ぎ方について紹介します。

副業を始める前に、まずは現在勤めている病院や会社が副業を許可しているかどうか確認しましょう。また、体力や時間に負担がかかる業務内容はよく検討することをオススメします。副業で稼ぐ場合、あくまで本職は理学療法士。本業に支障が出ないよう気を付けていきましょう。

ライター・記事監修などウェブ関連の副業

フリーランスのウェブライターは始めやすい副業の一つです。パソコンとネット環境があれば気軽にスタートすることができるためです。理学療法士の分野を選べば本職の知識も活かせるので一石二鳥と言えるでしょう。特にウェブライターの業界は学生や主婦でも参加できるため、ある業界の専門であることは大きな強みになります。

スポーツトレーナーとして個人で契約をもらう

理学療法士としてのノウハウが十分にあるなら、個人契約のスポーツトレーナーとして働くのも良いでしょう。主な仕事内容は、選手のリハビリやケガ予防・パフォーマンス向上を目的とした指導など。理学療法の知識が活かせることはもちろん、指導メニューや報酬をある程度自由に決められるところがポイントです。また、今後独立を考えている方なら、個人で稼いでいくためのいい練習にもなります。

最初のうちはなかなかクライアントが見つからないかもしれませが、プロの選手にこだわらず地元や企業のスポーツチームに声を掛けてみるのも良いでしょう。信頼関係を構築できればさらにコネクションが広がる可能性もあります。

セミナーを開催する

理学療法士として年収を増やすためには、セミナーを開催する方法があります。昔と比べ、最近ではオンラインでのセミナーも多数開催されているため、開催するハードルもさほど高くありません。

また、オンラインセミナーですと普段の業務への支障も少ないため、昼職を休むことなく時間を有意義に使えるでしょう。現在ではセミナーの講師を探している企業も多数存在します。

また、自分でオンラインセミナーを開催したい方は、SNSでの発信や広告を使うことにより、手軽に集客することができます。 

休みの日に訪問リハビリを行う

働く時間を調整しやすいという点では訪問リハビリも魅力的です。こちらは、自宅で療養している患者の元へ出向いて主にリハビリの指導などを行います。報酬は件数や時間によって変わります。求人で細かな条件をしっかり確認するよう心がけましょう。

週1回からやシフト制の訪問看護ステーションも少なくありません。本業の就業時間や自分の目指す働き方に合わせた柔軟なワーク・ライフ・バランスが実現できます。

【理学療法士として年収1000万】関連企業へ転職して稼ぐ

専門学校の数が増え資格を取る敷居が下がったこともあり、理学療法士の常勤従業員数は現在も増加傾向にあります。自分と似たような年齢やスキルの療法士が多ければ、それだけ他との差別化は難しくなり、結果的に理学療法士としての昇給は難しくなるかもしれません。

そこで、病院以外の場所で活躍する選択も良いでしょう。これまで学んだノウハウは活かしつつ、今までの職場では難しかった大幅な昇給も見込めます

医療分野の大部分を支える存在は、もちろん医者やコメディカルといった現場で働く人々ですが、彼らが使う機材や医薬技術を開発する企業も大きな役割を担っています。国家資格である理学療法士の知識と現場の知見を活かして、関連企業へ就職するのも良いでしょう。

求人数自体はそれほど多くありませんが、車椅子のメーカーや医療・薬剤に関わるマニュアルの編集など、転職先の候補は多岐にわたります。先に退職した先輩からお誘いを得られることもありますので、もし頼れる知り合いがいればどのように転職したのか、転職してからどう変わったのかなど尋ねてみても良いでしょう。

また、理学療法士の資格を活かして年収を上げたいのであれば、大学の講師になる方法もあります。

大学の講師は一年や二年でなれるものではなく、実務経験のみならず論文の発表や修士号・博士号といった学術的な面でも並大抵ではない実績が求められます。また、時間だけでなく実績を作るためのお金や労力もかかります。

しかし、研究によって、臨床だけではない理学療法士の可能性を追究したいのであれば、金銭面だけでない満足感も極めて高い役職と言えるでしょう。

【理学療法士として年収1000万】資格を気にせず独立開業する

「理学療法士及び作業療法士法」において、理学療法士の開業は禁止されています。しかしそれはあくまでも保険診療の枠内の話。患者が全額を支払う自費診療であれば問題はありません。また、2013年になされた「各都道府県医務主管部(局)長あて厚生労働省医政局医事課長通知」において、理学療法以外の関連業務(転倒防止の指導など)を行う場合でも、理学療法士と名乗ることが許可されました。

以上より、理学療法士として培った知識を活かしながら、自費診療での起業も視野に入ります。ちなみに起業した場合の平均年収は業務内容や勤務形態によっても幅が出ますが、上手く軌道に乗れば1000万円も十分目指すことが可能です。

理学療法士の年収に関するまとめ

理学療法士に限りませんが、給料アップは一長一短に実現できるものではありません。これまでも記載してきた通り、理学療法士はコメディカルの中でもやや低い給料であり、なおかつ人員も過剰供給の面があります。しかし、臨床のやりがいだけでなく工夫次第では年収1000万も十分実現できる職業でもあります。自分の持つスキルや将来像と照らし合わせながら、満足のいくキャリアを描いてみると良いでしょう。

https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003084610

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2019.htm#a-01

http://50th.japanpt.or.jp/trend/

https://career-picks.com/average-salary/rigakuryohoshinensyu/

http://judo-ch.jp/seifukusisrch/jusei-study/191/

https://job-medley.com/tips/detail/877/

https://rehanavi.com/column/global/america_01_reha.html

https://www.mcare.co.jp/yotsuba/recruit/interview/interview02/index.html

https://rehafit-jp.com/2020/03/15/saitamariha/

http://markehack.jp/physical-therapist-high-income/


リハサクを使って再診率を大幅に向上!
"運動指導×患者コミュニケーション"ツール


【整骨院・接骨院】リハサクの活用事例

  • 最新のエビデンスに基づいた効果的な施術
  • 患者満足度向上による再診率アップ
  • 自費メニューを導入することで保険に頼らない経営
  • 施設での運動療法を自動化することで人件費を削減

Close Bitnami banner
Bitnami