整骨院 接骨院 潰れる

整骨院・接骨院が潰れる原因とは?潰れないための対策方法も併せて紹介します

近年、柔道整復師は増え続け、整骨院・接骨院は飽和状態になっています。その影響により、整骨院・接骨院の売り上げは年々減少してきていることはみなさんもお分かりでしょう。

そんな経営状況の中でも、潰れる施術所と高い売り上げを上げている施術所が存在しているのはどうしてなのでしょうか?今回は整骨院・接骨院が潰れる原因、対策方法を紹介していきます。

整骨院・接骨院の倒産件数は年々増加傾向にある

厚生労働省の「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」の資料によると、平成30年(2018年)の時点で就業する柔道整復師の数は73,017人、柔道整復師が開業している整骨院・接骨院の施術所数は50,077件となっています。

それに比べて平成20年の施術所数は、34,839件でした。

これだけ柔道整復師や整骨院・接骨院などの施術所が急増してしまった背景には、養成学校の規制が緩和されたことが関係しています。

柔道整復師の増加に伴って、整骨院・接骨院の数も増えており、競争に負けてしまった施術所は倒産へと追い込まれてしまっている状況なのです。2020年の倒産件数は過去最多に迫る勢いとなっています。

このような施術所の倒産の流れは2016年以降に増加しており、2018年の倒産件数は85件、2019年では1月~10月の調査結果だけでも78件となっています。

過去に遡って比べてみると、2008年の施術所の倒産件数は27件だったため、すでに2018年の時点で3倍以上になっていることがわかります。

 

整骨院・接骨院が潰れる原因とは?

これほどまで増加している施術所の中でも、自分たちが勝ち残るためには、まず、倒産した方々の原因を調査することが大切です。

ここでは今回のテーマにもなっている整骨院・接骨院が潰れる原因について解説していきます。

施術所の急増による競争激化

これまでも記載してきましたが、施術所が倒産してしまう最大の原因は「施術所同士の競争の激化」です。

厚生労働省が発行した「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」の資料をもう一度みてみると、平成20年の施術所の件数は34,839件、2018年では50,077件ですので、おおよそ約30%も増加していることがわかります。

さらに、それに加えて、整骨院・接骨院と競合関係にある鍼灸院の数も増加しているため、経営はさらに難しくなっているのです。

最近では、リラクゼーションサロンやもみほぐしのようなマッサージ業も増えてきているため、上手な経営が行えていない施術所は倒産へと追い込まれてしまっているのです。

経営の仕組みが悪い

整骨院・接骨院では施術の技術はもちろんのこと、それに加えて経営の力をつけることが大切です。

15年ほど前までは、どこの整骨院・接骨院も経営のことはあまり考えずとも売り上げをあげられている時代でしたが、現在ではそんなに簡単ではありません。近年激化した競争を勝ち残るために大切になるのが、経営の仕組みです。

具体的にいいますと、「どれだけ売上があっても利益が無ければ潰れてしまう」ということを理解しておくことが大切です。つまり、売上を上げると、利益もしっかり出る仕組みを構築するようにしましょう。

よくある失敗例としては、時間に対する対価が合っていない場合です。当たり前ですが施術時間を長くすれば、患者は満足してくれる場合が多いです。

しかし、整骨院・接骨院側としては時間に対する客単価が減っているため、その分の売り上げも減少してしまっていることを理解するようにしましょう。

時間と報酬のバランスが合っていなければ、利益を出すことができません。保険外施術の報酬を受け取らず、保険施術で単価以上に時間を掛けている場合は、必ず利益が出せず潰れてしまいます。

療養費縮小による保険収入の減少

昨今、柔道整復師業界で問題視されているのが、架空請求や水増し請求などの不正請求です。最近全く来てない患者を来たことにして請求する架空請求、来ている患者の来院回数を意図的に増やして請求する水増し請求が多発しています。

それらの不正請求が摘発されることにより、柔道整復師の保険収入である療養費が年々縮小され、潰れる整骨院・接骨院が出てきています。

中には「自分たちの施術所はバレないから大丈夫」と考えているところもありますが、健康保険から届く保険診療の明細や、健康保険から患者に直接照会する回答書により摘発されてしまいますので、不正請求は絶対に行わないでください。

追加融資などの資金調達の難易度が上がっている

先程ご説明した不正請求問題、業界全体の景気悪化を背景に、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫などの融資機関は、なかなか追加融資をしてくれなくなりました。追加融資で資金調達ができない整骨院・接骨院はお金のやりくりができず潰れてしまいます。

このように、潰れる整骨院・接骨院が増えることにより業界は信用されず、さらに融資が受けられない、そして潰れる整骨院・接骨院がどんどん出てくるという悪循環に陥ってしまっているのが現実です。

関連記事

これから整骨院・接骨院の経営を考えている方、すでに整骨院・接骨院の経営しているが、現状の経営方法で良いのかどうか悩まれている方も多いのではないでしょうか? そんな方のために、今回は整骨院・接骨院経営の現状や注意点、経営を成功させるため[…]

接骨院 整骨院 経営

整骨院・接骨院が潰れないために重要な3つの方法

整骨院 接骨院 開業資金

整骨院・接骨院が潰れないようにするためにはどのようなことを行ったら良いのでしょうか?整骨院・接骨院の経営に重要な3つのステップについて解説していきます。

施術所の現状を把握

整骨院・接骨院を経営している柔道整復師は、患者の症状を改善するスペシャリストであるため、施術の勉強をしたりセミナーに行ったりして、スキルアップをしようと努力します。

しかし、経営の勉強はあまりせず、数字やデータには弱い場合もあるでしょう。例えば、月の売上が分からない、どのくらい利益を上げられているか分からない、1人当たりの単価が分からないなど、わからないことばかりで経営していることがほとんどです。

このような状況では、何が良くて何が悪いのか、全く分かりません。何が悪いのか分からなければ、対策のしようがないでしょう。整骨院・接骨院で扱っている、様々な数字をしっかりデータ化して、経営の現状を把握しましょう

施術所の課題抽出

データ化した数字に加えて院長やスタッフの意志、これまでの施策を全体的に勘案した上で、経営課題を洗い出しましょう。

売上に加えて、これまで行った施策がしっかりと結果をだしているかどうかなどを分析した上で、今後の経営方針を設定することがとても重要です。

この際はすべての課題を同時に解決しようとするのではなく、課題ひとつひとつに優先順位をつけ、地道に改善していくことが大切でしょう。

残念ながら、殆どの整骨院・接骨院ではこのような課題の洗い出しや優先順位けができていません。今後の接骨院・整骨院経営をより良いものにするためにも、しっかりと課題抽出を行っていくようにしましょう。

今後の戦略・施策の方向性

自分たちの施術所の課題を抽出したら、その課題解決に最も有効な施策を検討しましょう。また、施策を講じる前にはその課題が解決できているかどうかを計測するための指標を設定しておくことが大切です。

指標があれば、実際に施策に取り組んでいくとうまくいっているのか、そうでないのか、施策の良し悪しがすぐに分かるようになります。うまく解決できた課題は、自分たちの施術所の強みにもなります。

今後の経営をより良い物にするためにも、自分たちの強みをたくさん持ち、他の整骨院・接骨院と差別化を図っていくようにしましょう。院長・スタッフともに戦略を共有して、整骨院・接骨院全体が一丸となって課題解決に取り組んでいくことが大切です。

整骨院・接骨院でよくある課題と施策の事例

それでは最後に、整骨院・接骨院でよくある課題と施策の事例について解説していきます。

新患率が低く患者数が確保できない

新患率が低く患者数が確保できない場合は、売上が上がる要素が少なくなってしまいます。継続している患者の来院回数を上げることも大切ですが、新規で来院する患者の獲得がとても重要だといえるでしょう。

そのためには、まず経営している整骨院・接骨院を広く知ってもらう必要があります。即効性のある施策としては、チラシやホームページ、最近ではSNSなどで宣伝を方法です。メディアでの情報発信は、幅広く知ってもらうためにはかなり有効ですので、継続して情報を発信し続けていくようにしましょう。

また、整骨院・接骨院を広く知ってもらうためには地域貢献活動も効果的です。地域貢献活動には、公園の掃除や部活動の支援、学校行事の手伝い、地域行事への参加などがあります。特に60歳以上のテレビやインターネットをあまり見ない世代の方々には地位貢献活動が有効だといえます。

顔馴染みになれば、親近感が湧き新規の患者獲得に繋がることも多いです。狙いたいターゲット、世代を絞って行動すると効果が出やすいでしょう。

また、中長期的には患者満足度を向上させ、口コミを良くしていくことで経営が良化する場合が多いです。接骨院を選ぶ際の情報として、口コミ・実績が7割を占めるという統計データがあり、繁盛している整骨院・接骨院では殆どが口コミや実績から多くの患者様の集客が可能になっています。

チラシなどの宣伝はお金をかけて継続的に配布しないと効果が下がりますが、口コミ・実績は自分たちの施術所全体が築き上げた資産であり、簡単に集客効果は無くなりません。潰れない経営を目指すためには患者満足度を向上させ、口コミを良くしていくようにしましょう。

リピート率が低く患者数が確保できない

経営に苦しむ整骨院・接骨院では、このリピート率が低く患者数が確保できないケースが多く見られます。リピート率は良好な施設を経営していく中でとても重要な指標なのですが、意外と見落とされていたり数値管理していないことが多いです。

例えば、月間の患者の平均リピート率が5 回/月でユニーク患者数が100人だった場合、100人×5回/月で月に500回の施術を行うことができるでしょう。

この施設で新規患者様の集客に力を入れ、15人を新しく集客した場合、月に5回のリピート率でも施術の回数は合計で575回です、

一方で、既存の患者様に月にもう1回多く来院してくれる施策を行えば、全く新規の患者様を集客できなくても、100人×6回/月のべ施術数は月に600回になるのです。

リピート率はそれぐらいインパクトが大きい重要指標なので、かならず追うようにしましょう。リピート率を上げる主な要因としては、患者様の満足度向上があげられます。

上記でご紹介した「新患率が低く患者数が確保できない」場合と似ていますが、こちらはあくまでも既に来院していただいている患者様に向けた施策です。口コミや評価などに関係なく、一人一人に寄り添った対応をしてあげることが大切でしょう。

ただし患者様の満足度向上はかなり難しい課題です。毎日継続的に患者とコミュニケーションとることや、患者が持っている悩みを聞き出し、それらの悩みを解決できるようにしっかりと運動指導を行っていくことで少しずつ解決していくことができます。

特に新規の患者様は、言いたいことがあってもなかなか言いにくいものですから、問診から施術の間でできるだけ信頼関係を構築し、初めての方でも悩みを言いやすいような環境をづくりを徹底することが大切です。

保険比率が高く客単価が低い

保険施術の患者割合が多い場合、患者一人の単価がどうしても低くなってしまいます。1日の来院人数が多ければ経営が成り立ちますが、少なければ経営が破綻しています。

そうならないように、患者単価を少しでも上げていかなければなりません。一例として、新しい自費メニューの導入、物販(サポーター・テープ・サプリ)を取り入れて、うまく患者に勧めて売っていきましょう。

また、中長期的に療養費の減少が予想される中では自費比率を高めていくことが経営基盤を強化する上でもとても重要なことです。

関連記事

保険適用がますます厳しくなっている整骨院や接骨院業界においては、自費メニューの導入が迫られています。実際に自費メニューの導入を検討している整骨院・接骨院の経営者様も多いのではないでしょうか? ただ、いざ自費メニューを導入しようとしても[…]

整骨院 接骨院 自費 メニュー

【接骨院・整骨院】潰れる原因に関するまとめ

整骨院・接骨院は急増し、潰れてしまう施術所はたくさんありますが、経営方法次第ではまだまだ勝ち残ることが可能です。そのためには、まず潰れる原因をしっかり理解し、どのような対策をすれば良いか考えるようにしましょう。

そして、経営している整骨院・接骨院の現状を把握して、課題を見つけ出し行動していくことが大切です。対策方法を間違えてしまうと、後戻りができなくなってしまいますので、きっちりと分析して対策を行いましょう。

リハサクは”運動指導×患者コミュニケーション”により、手軽に売り上げが上げられるツールをご提供しておりますので、ぜひ1度資料を請求してみてはいかがでしょうか?

<参照元>

https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190115_04.html

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/18/dl/kekka3.pdf

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010001-teikokudb-ind&p=1

https://www.shadan-nissei.or.jp/upload_img/20190518122156_1.pdf


リハサクを使って再診率を大幅に向上!
"運動指導×患者コミュニケーション"ツール


【整骨院・接骨院】リハサクの活用事例

  • 最新のエビデンスに基づいた効果的な施術
  • 患者満足度向上による再診率アップ
  • 自費メニューを導入することで保険に頼らない経営
  • 施設での運動療法を自動化することで人件費を削減

Close Bitnami banner
Bitnami