ヘッターロゴ画像

運動指導を、
わかりやすく効果的に

ヘッターロゴ画像

リハサクは患者の運動に対する
行動変容を促し、
治療効果・満足度向上を支援する、
クラウド型のwebサービスです。

2週間の無料トライアルを実施中!

リハサクで運動指導を
する3つのメリット

  • 作業効率アップ

    自宅での運動実施状況、
    痛みの推移の
    見える化による、問診の作業効率アップ

  • 他院との差別化

    エビデンスに基づく
    運動指導による
    他院との差別化

  • 運動に対する行動変容を促進し、
    治療効果・患者満足度の向上に

エビデンスに基づき、
300種類以上の
リハビリメニューから組み合わせを提案
患者ごとカスタマイズした
運動指導を可能に

リハサクのつの特徴

#01

患者の痛み、自宅での
運動の実施状況を自動で
取得・集計・見える化

前回来院時からのリハビリ実施状況や疼痛状況を把握し、患者との円滑なコミュニケーションに活用できます

#02

運動内容を動画・紙で
共有し、患者の理解度を
向上

忘れがちな自宅での運動内容について、運動方法の
手順・注意点をまとめ、患者の理解度を向上させます

#03

エビデンスに基づく
運動メニューを提案

メニューは300種類以上用意。エビデンスに基づき、
診断名や疾患部位から適切なメニューを提案できます

たった1でわかる!
リハサク機能のまとめ動画
1でわかる!
リハサク機能のまとめ動画

リハサク導入による
実際の効果

うなやま整形外科 渡辺 将太 様 インタビュー
CASE 01
患者さんのリハビリに対する理解度が向上
うなやま整形外科
渡辺 将太 様
まず初めに貴院の強みを教えて下さい。
当院の強みは、⼤きく4つあります。①運動器リハビリテーションの拡充により、現在約500名の患者さんに介⼊ ②⾻密度検査を定期的に⾏い、看護師による栄養指導も実施 ③エコーガイド下ハイドロリリース ④再生医療
現在500名の患者さんに介⼊されているんですね。今回は当院の強みの4つの内、リハビリに関する運動器リハビリテーションの拡充をされているお話を伺わせて下さい。
実は、2年前に私が⼊職するまでは当院に理学療法⼠はいませんでした。現在は、リハビリ室にベッドも沢⼭ありますが、⼊職当初のリハビリ室には電気治療の機器や牽引ばかりで治療ベッドはありませんでした。
最初は理学療法⼠1⼈だったんですか?2年間で人数が増えた経緯を教えてください。
1年間は、理学療法⼠1⼈で頑張っていました。めちゃくちゃ寂しかったです。(笑)寂しいというのは冗談ですが、やりがいはすごくありました。これまで当院の周りにリハビリが出来る環境はあまりなく、当院が運動器リハビリテーションを始めると、患者さんがリハビリの効果に⼤変驚いてもらったり、喜んでもらうことを感じました。患者さんからはポジティブな意⾒が多かったですね。⽇々患者さんから求められているなという実感はありました。結果的に⼝コミが広がり、患者さんが増えてきた為、1年後にもう1⼈、2⼈と理学療法⼠を採⽤していき、現在では常勤6名、⾮常勤2名体制となっています。
貴院には、弊社サービスをリリースした当初からお使い頂いておりますが、具体的にどのように弊社サービスを活⽤していますでしょうか?
現在は2つの活⽤⽅法があります。1つ⽬は、治療時間内での指導の補助として活⽤しています。タブレットで患者さんに運動を⾒て頂き、その後に運動を⾏って頂くと動作のイメージが付く為、以前より運動指導が効果的になりました。 もう⼀つが、Home exとして活⽤して頂いております。今までは⼝頭のみであった為、家でリハビリを⾏ってくれないという課題がありましたが、リハサクを使い始めてからは以前より家でリハビリを⾏ってくれる患者さんが増えました。
患者さんの反応は如何ですか?
患者さんからはいい意⾒を頂いています。「分かりやすい」や「今はこんな便利な物があるのね」や「⼿元に紙⾯があると安⼼」などの声を頂いています。
リハサクを活⽤して良かった事は何でしょうか?
⾃主トレ内容がシンプルであり、説明ツールとして利便性が⾼く、患者さんの理解度も⾼いです。また、エビデンスに基づいている為、信頼して使⽤出来ます。⽿の不⾃由な⽅も多いのですが、動画を⾒せることで説明がスムーズに⾏えます。
今後リハサクに対して、期待することをお伺い出来ますでしょうか?
「運動指導の効率化」は、多くのセラピストや施設スタッフが求めています。今まで業務後の時間に作っていた⾃主トレメニューを、介⼊時間内に数⼗秒で作成出来ることは、リハビリ業界にとって⾮常に有⽤なツールと⾔えます。⽣産性の向上が求められる時代なので、このようなサービスのニーズは⾼まっていくと思われます。今後は医療機関だけでなく、介護事業施設での活⽤も拡がっていくと健康寿命の延⻑に繋がると思います。治療医学のみならず予防医学分野での活躍を期待したいです。
平井リハビリテーション整形外科 谷口 有 院長 インタビュー
CASE 02
多忙でも運動メニューを簡単に作成できる
平井リハビリテーション整形外科
谷口 有 院長
貴院は今年の2⽉に開院されたと思いますが、如何でしょうか?
そうですね。週を追うごとに患者さんが増えてきています。開院から1ヶ⽉ながら、沢⼭の患者さんに通院して頂いております。これだけ多くの患者さんが来て頂けるとは、開院当時思っていませんでした。主に当院の徒歩圏内の患者さんが中⼼ですが、患者さんから「整形外科の単科が存在しなくて困っていた」「近所に整形外科が出来て良かった」という声を頂いております。
開院から患者さんに沢⼭来て頂いてるのは凄いですね。そんな貴院で現在課題はありますでしょうか?
⼀番は理学療法⼠の採⽤ですね。現在常勤1名、⾮常勤1名が在籍しております。開院してまだ1ヶ⽉ですが、既に理学療法⼠の予約枠はほとんど埋まってしまっている状況です。その為、リハビリを受けたくても受けられない患者さんがいらっしゃいます。先ほど患者さんのお話でご紹介しましたが、地域に単科の整形外科がない事や、リハビリの出来る施設がほとんどない事から、患者さんのリハビリニーズは⾮常に⾼いです。地域でリハビリを受けられずに困っている患者さんの為にも、リハビリの充実、理学療法⼠の採⽤は急務です。正直理学療法⼠が全然⾜りないですね!(笑)
では理学療法⼠が⾜りない事で、リハビリが必要でもリハビリを受けられない患者さんにはどうしているのでしょうか?
当初はリハビリの予約が⼊らない患者さんには、1 週間後までリハビリを先延ばしていました。結果的に患者さんが離脱してしまう事もありました。その為、現在では診察室で私がリハサクを⽤いて患者さんにリハビリ指導を⾏っています。診断名を⼊⼒すると簡単にメニューが出てきますし、オリジナルの組み合わせも作成出来ます。忙しい外来の中で、患者さんのリハビリをしたいと⾔うニーズを解決するには、⾮常に効果的です。理学療法⼠が⾜りないクリニックや、そもそも理学療法⼠がいないクリニックでも凄くニーズがあると思います。
今後平井リハビリテーション整形外科が⽬指すべき⽅向は?
地域に根付いた医療を⾏っていきたいと思っております。当院の周囲は、⾼齢者の⽅から⼩さなお⼦さんまで様々な世代が住んでおります。当院はグループに、在宅医療を⾏っているつるかめクリニックがあります。 学⽣のスポーツ外来から⾼齢者の在宅医療まで⼀貫してサポートしていきたいと思います。

なぜ、運動指導なのか?

患者満足度向上には、高い治療効果情報提供が重要と言われております

治療効果を高める為には、“筋力トレーニング、ストレッチ“を含む運動を高頻度で行うことが重要であると言われております(1)(2)

ゆえに、週1,2回の病院での治療・運動だけでなく、毎日の自宅での運動(セルフリハ)も重要と言えます

出所:
(1)Geneen LJ, Moore R, Clarke C, Martin D, Colvin LA, Smith BH. Physical activity and exercise for chronic pain in adults: an overview of Cochrane Reviews. Cochrane Database of Systematic Reviews 2017, Issue 4. Art. No.: CD011279. DOI: 10.1002/14651858.CD011279.pub3

(2)Imoto AM, Pardo JP, Brosseau L, et al. Evidence synthesis of types and intensity of therapeutic land-based exercises to reduce pain in individuals with knee osteoarthritis. Rheumatol Int. 2019;39(7):1159-1179.

実際、セルフリハは病院での治療と同様の効果が期待出来ることを示す研究結果がいくつも存在しています





しかし、患者の80%は実際にセルフリハをきちんとやっていないのが現状です



セルフリハをやらない理由は、実は患者への情報提供不足による理由が大半を占めています

つまり、施設側で改善できる余地が十分にあると言えます


※ある診療所のケース(当社調べ)

リハサクなら
患者への情報提供ツール
として
活用できます!

実際にリハサクを導入した施設の患者の意識変容・行動変容を実現しています


※ある診療所のケース(当社調べ)

さぁリハサク
導入しよう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
理学療法士等の専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明致します。

また、リハサクは
2週間の無料トライアルを実施中です

運動指導お役立ち情報

運動指導に関するお役立ち情報を
発信しております。是非、ご活用ください