1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 介護施設
  4. 導入事例6 〜 あづま家デイサービスグループ 〜

介護施設

#6

あづま家デイサービスグループ

酒井様 鈴木様

コロナ自粛期間中でも患者さんとの繋がりを強化

あづま家デイサービスグループ

業種

介護施設

利用規模

100人程度

用途

利用者コミュニケーション

導入目的 マッサージ導入施設のシステム変更。自宅での自主トレ強化。
課題 マッサージ師確保の負担。個別の運動メニューの提案。
効果 コロナ禍における利用者様とのコミュニケーション活性化。マッサージ師確保の負担軽減。利用者様の満足度向上。

愛知県岡崎市でデイサービスを3店舗運営されています、あづま家デイサービスグループ様の酒井貢様、鈴木博視様にお話を伺いました。

酒井貢様、鈴木博視様、本日は貴院の取り組みについてお話を伺わせてください。よろしくお願いします。まずはじめに施設の特徴について教えてください。

私たちの施設では、3つの特徴があります。

1つ目がサーキット方式おける運動の実施。2つ目がタブレットの導入。そして3つ目がバス旅行の開催です。

利用者の皆様が積極的に運動できるサーキット方式

まずは、サーキット方式について詳しくお聞きしてもよろしいでしょうか?

各店舗でいろいろな運動器具があって、それを10分~15分ごとに回っていくイメージです。運営している3店舗とも同じ形でやっています。

運動器具が置いてあっても、人気種目に集中しちゃったり、ぼーっとしちゃう方もいると思うんですけど、うちの場合は運動器具を順々に回っていくので、どんな方でも来たら必ず1回は全種目の運動をやってもらえるようになっています。

利用者さまが待ち時間無く、運動実施できる仕組みは素晴らしいですね。

あとは、定期的に体力測定も実施しています。その際に利用者さんの姿勢を写真で撮らせていただき、「この部分の筋力が弱いですね」など話し合いながら、「このマシーンは、姿勢を改善する為に良いですよー」とか話しながらやっています。

他のデイサービスでは珍しいタブレット導入やバス旅行の開催

施設の2つ目の特徴として挙げられた、タブレットの導入について教えてください。

タブレットを利用者さんに使ってもらっています。足の浮腫を改善するメドマーをやっているときは手が空いているので、タブレットを使って脳トレなどをやってもらっています。

タブレットをお渡した最初は利用者さんからは「やれないよ。」って敬遠されました。でもちょっと操作方法を教えるだけで、みなさん自主的にどんどんやってくれるようになったのは驚きでした。

施設の3つ目の特徴として挙げられた、バス旅行についてもお聞かせください。

年に1回、みんなでバス旅行にも行っています。前回は40人の利用者が参加してくれました。

ケアプランの利用者さんは、「旅行に行きたい」という目標の方がとても多いのですが、その目標は達成しないことがほとんどです。そこで、「僕らと一緒だったらいけるよね」ということで旅行を企画しました。そうすると、「旅行に行きたい」という目標を立てる方が以前より増えました。(笑)

利用者さまの目標実現に向けて、施設さまがサポートされたのですね。

しかも、旅行って結構歩くんですよね。「私こんなに歩けたんだ」とか、「私こんなこともできるんだ」っていうのを旅行で再確認してもらっています。それは実際にやってみてかなり良かったですね。

ケアプランで目標を立てていただいている以上、私たちはその目標達成のサポートをしていきたいと思っています。

個別運動メニューをより一層充実させたい

リハサクを導入することになったきっかけを教えてください。

リハサクを導入することに決めた1番のきっかけは、個別運動メニューをより一層充実させるためです。 私たちの施設では店舗での運動に力を入れるのはもちろんのこと、運動内容を覚えてもらい、ご自宅で少しでも運動に取り組んでいただけるように以前から伝えていました。

しかし利用者様からは、「家だとつい怠けてしまう。」「どんな運動をしたか忘れてしまう。」というお声をたくさんいただいていたんです。 これまでにも様々な試行錯誤を行ってきましたが、自宅での運動は行ってもらえていない状況でした。

この課題をなんとか解決するために導入を決めたのが、Rehasakuの近藤さんに紹介していただいたリハサクだったんです。

導入いただきありがとうございます。リハサクを導入してからの利用者様の反応はいかがだったでしょうか?

リハサクでは個人に合わせた運動メニューのプリントをお渡しできるため、「家で運動がしやすくなった」「頑張りやすくなった」というお声をたくさんいただくようになりました。

その結果、体の動きもよくなったとおっしゃる利用者様が増え、大変喜んでいただいております。

マッサージ師を確保する問題を解決したい

リハサクの導入により、利用者様からご好評いただき、とてもうれしく思います。その他にも導入する理由はありましたか?

リハサクを導入するきっかけになった2つ目の理由として、マッサージを行っていた1号店のシステム変更もあります。 1号店ではずっと利用者さんにマッサージをしていました。ただマッサージ師の確保がすごく大変で、一人休んじゃうと回らないという状況になっていました。

もちろん満足度はすごく高かったのですが人員の確保がとても大変でした。その為マッサージからウォーターベッドに変えていこうという話が出ました。

ただウォーターベットだと、利用者さんの満足度が少し落ちるかなという考えもありました。

そこでもやはり活用できるのでは?と考えたのがリハサクだったんです。

実際マッサージからリハサクに変えてみてどうでしたか?

私たちの考えとしてはマッサージをやめると「利用者さんの1割ぐらい辞めちゃうんじゃないか?」と思っていました。

しかし、結果的にやめたのは100~110名の中で1名だけでした。この方もマッサージを中止したのが直接の原因かどうかはわかりません。結果的にほとんど影響はありませんでした。

マッサージをやめたことで従業員の人員は減らせましたか?

従業員の人員は変えていません。 ただリハサクを導入することで、利用者さんと接することができる時間は増えました。 マッサージの人員が減った分、リハサクを活用し運動をサポートする部分に人員を増やしています。

リハサクは従業員も含めて誰でも扱える簡単なツールというところが良かったです。利用者さんの反応も良いので今ではすべての店舗で同じシステムを使っています。

 

リハサクはコロナ中でも利用者さんと連絡を取り合って連携できるツール

コロナの影響はいかがでしたでしょうか?

利用者さんの約2割がお休みしていましたが、今では戻りつつあります。4月の終了時点だと1店舗で大体20人ぐらい休んでいたんですよ。 それが今ではお休みが15人ぐらいまでになっています。

さらに先日、緊急事態宣言解除されたということで、どんどん戻ってきてくれるのではないかと思っています。

施設の体制には変化はありましたか?

スタッフの体制は変えていません。ただ、利用者さんが少なくなっているので、従業員の時間に余裕ができました。

そこで、お休みされている利用者さん全員に、リハサクの運動メニューを印刷して持っていきました。リハサクを使っていなければすぐに資料を作ることは出来ないので、とても助かりました。

お休みの期間中、利用者さんとはお会いできませんでした。ただ、「家でもちょっとは体動かさないといけないよ。」ということで、リハサクの運動メニューを持って行ったところ、すごく喜ばれました。

コロナの影響下でも活用いただきありがとうございます。その他にも、リハサクを活用いただくケースはありますでしょうか?

リハサクは利用者さんと連絡を取り合って連携できるツールになっている部分が本当に大きかったと思っています。 ケアマネージャーさんから「ここまでサポートしてくれているんだ!ありがとうございます」と大変喜んでいただきました。私達としても凄く嬉しかったです。 他のデイサービスでは、このような取り組みをしている施設はまだ少ないと思います。

今僕らがいつも以上に元気にしていかなきゃいけない!

今の状況下で、介護施設として何かできることってありますでしょうか?

今は家にいるとコロナの話題しかなく、社会的な情勢としてもみなさんメンタルダウンしていると思うんです。

そんな中でもしっかりと元気にデイサービスで運動してもらったり、利用者さん同士で交流を持ってもらって、今の社会情勢とは逆にどんどん元気になってもらうのが1番だと思っています。

「僕らがいつも以上に元気にしていかなきゃいけない!」ということを意識しながらやっています。 また、今は利用者さんがお休みする度に毎回電話させてもらっています。

「体調どうですか?」「ちゃんと配ったリハサクやってる?」など、定期的に利用者さんとコミュニケーションをとっていますね。

最後に、今後のリハサクの活用方法について教えてください。

同じ法人として運営している接骨院でLINE@を運用していますが、デイサービスでもLINE公式アカウントを作り、利用者のご家族さんとかケアマネージャーさんとかとお友達になり、定期的にリハサクの運動を送ったりするとどうかな?と考えています。

これは利用者さんのご家族さんとかケアマネージャーさんとの接点を増やしていく目的があります。 定期的にご家族さんとの接点を持つことで信頼関係も得られると思うので、そういうところでさらにリハサクを活用していけるかなと思っております。

酒井様、鈴木様、本日はお忙しい中本当にありがとうございました。

あづま家デイサービスグループ

住所:〒444-0011 愛知県岡崎市欠町清水田29番地1

TEL: 0564-65-2539

休診日: 土曜・日曜 定休日

URL: https://azumaya-group.com/

より効果的で、
円滑なリハビリを。

資料請求・導入ご相談・その他、 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。