1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 接骨院
  4. 導入事例31 〜はぎはら接骨院〜

接骨院

#31

はぎはら接骨院

萩原 秀章 先生

スポーツ復帰を見据えたアプローチで来院継続率が向上

はぎはら接骨院

業種

接骨院

利用規模

50人程度

用途

患者満足度向上

運動実施率向上

運動指導

導入目的 外傷後の患者様に対して適切な後療法を提供するため
課題 運動指導を口頭で行なっており、正しい方法で伝わらない
効果 患者満足度向上・再診率向上・他院との差別化

本日は、埼玉県さいたま市で接骨院を経営されている、はぎはら接骨院の萩原先生にお話を伺いました。

患者さんの感情が揺さぶられるような施術を提供したい

まず初めに貴院のビジョン・特徴を教えていただいてもよろしいでしょうか。

当院では『目の前にいる患者様を本気で幸せにする』という言葉をビジョンとして掲げており、施術を提供する中で患者様の感情を揺さぶられる施術を提供しております。患者層として、外傷治療の対応に力を入れていることから、外傷後の患者さんが非常に多いです。当院が外傷の対応に力を入れている理由としては、本来接骨院で担うべき役割を全うし、地域医療に貢献したいという想いがあるからです。そもそも我々柔道整復師の国家資格は骨折・脱臼・ねんざ・打撲・挫傷と業務範囲が限られていて、その処置や評価ができて当たり前であり、それが出来なければ接骨院の看板を出す資格はないと私は考えています。そのため自費施術の中で、治療の先で患者さんにとって必要な際に、プラスアルファで提供していく価値として当院では位置付けています。

リハサクはスポーツ復帰に向けた後療法を提供する上で当院の武器になる

リハサクの導入目的を教えていただいてもよろしいでしょうか。

以前から外傷治療に携わる中で、運動療法は必要不可欠事項であると強く感じていました。怪我をしてからスポーツ復帰をするまでに、再発予防・パフォーマンス向上という観点から考えても、運動療法が非常に重要になると考えました。 リハサクを活用して外傷後の患者様に適切な後療法を提供できるようになることで、当院の強みにしていけると考えて導入を決意しました。

リハサクの導入前に抱いていた課題を教えていただいてもよろしいでしょうか?

リハサク導入までは運動療法の重要性は感じているものの、患者さんに対して口頭のみで運動指導を実施しておりました。そのため、口頭での動作説明のみでは患者様は正しい運動内容を理解することができず、『間違った方法で実施してしまう』『指導した内容を行ってもらえない』という問題があり、本来提供したい施術を行うことにむずかしさを感じていました。


患者さんの主訴・症状に応じてリハサクを活用した運動療法の提供時期を判断

リハサクの具体的なご活用方法をお聞きしてもよろしいでしょうか?

当院では、外傷後の急性期の患者様に関しては、基本的に最初の段階で患部の運動療法は提供しません。徐々に症状が落ち着いてきた頃を見計らいながら、適切な時期に運動療法の重要性を説明しています。そして痛みが改善された段階で、患部の運動療法を提供するようにしています。慢性疼痛疾患の患者さんに関しては、初回から運動療法を提供しています。施術だけでは足りないことをしっかりと伝え、運動療法を実施することの有効性を説明した上で、リハサクを活用した運動療法を提供するようにしています。 このように当院では、外傷後の患者様か慢性疼痛の患者様かによって、リハサクを活用した運動療法を提供するタイミングを判断しています。

特に、役立っている機能はございますか?

運動メニューの絞り込み機能を重宝しています。これまで絞り込み機能に気づかずに時間をかけて運動メニューを選択していました(笑)。サポートの際にこういった機能があることをお聞きし、かなりスピーディーに選択し運動処方を行うことができるようになりました。

運動メニュー絞り込み機能:850種類以上ある運動メニューから処方したいものを即座に検索可能

料金設定はどのようにしておりますか?

単発で運動処方を行う際には、1,100円いただいております。慢性疼痛の方々にはしっかりと目標設定を行い、3ヶ月3,960円で価格設定をしております。

リハサクの提案時に工夫されていることはございますか?

運動療法の重要性をご理解いただくことが何よりも大事だと考えています。押し売りはせずに、患者様との信頼関係を築いた上で提案するように心掛けています。また患者様が小中学生の場合は、施術や提案内容を、全て保護者様にも一緒に見ていただいています。保護者様にも信頼していただき、納得していただいたうえで施術を受けていただけるように意識しています。

スポーツ復帰を見据えた手厚いフォロー体制を構築し来院継続率が向上

リハサク導入後の効果を教えていただいてもよろしいでしょうか?

急性外傷患者の継続率が向上しました。もともとは外傷後の患者様に対しては、口頭のみでしか運動療法を提供することができておらず、痛みなどが改善して施術を終えていました。しかし、リハサクを用いて運動療法を提供するようになり、症状改善後も継続的にスポーツ復帰を見据えたアプローチも行うことができるようになりました。結果として患者様にも継続的にご来院いただけるようになりました。またリハサクは、他院との差別化を図るツールとしても役立っています。当院では主に、急性症状を脱した患者さんにリハサクを提案しているのですが、提案前にもリハサクをやりたいと言ってくれる患者様もいます。運動療法を紹介した資料などを準備することで、少しでも興味を持っていただけるような工夫を しています。

最後に、リハサク導入を検討されている方へのアドバイスはありますか?

リハサクは今の時代に適したツールだと感じています。スマホが普及し私たちの生活はすごく変化しています。治療院においてもその変化に合わせて施術などを提供していかなければいけないと思っています。リハサクはその点、LINEとの相性がとても良く、患者様にとってもわかりやすい施術を提供することが可能になります。今まで口頭でしか出来なかったことを穴埋めしてくれる便利なツールだと感じています。

萩原先生、本日はお忙しい中インタビューにご協力いただき誠にありがとうございました。

<リハサクスタッフより>本日インタビューをさせていただきました萩原先生は、柔道整復師として担うべき仕事を全うされており地域の皆様にも非常に頼りにされている先生です。また、表面的な症状の改善のみで施術を終わらせるのではなく、患者様のその先のスポーツ復帰や、日常生活や社会復帰までも見据えて日々患者対応を行われています。インタビューを行う中で、患者に寄り添う姿勢や施術に対する熱意を感じられ、非常に信頼できる先生だと感じました。萩原先生、本日はお時間をいただき誠にありがとうございました!

はぎはら接骨院

住所:〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目1−125−3

TEL: 048-780-2561

休診日: 日曜日、祝日

URL: https://hagihara-sekkotsuin-since-2021-12.com/

より効果的で、
円滑なリハビリを。

資料請求・導入ご相談・その他、 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。