1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 接骨院
  4. 導入事例15〜都接骨院〜

接骨院

#15

都接骨院

間瀬 博吉先生

患者様とのコミュニケーションから自宅でのフォロー・次回の施術に繋げる

都接骨院

業種

接骨院

利用規模

2〜5人

用途

業務効率化

運動指導

導入目的 時間的コストをかけずに運動のフォロー
課題 運動のフォローをより簡易的にしたい
効果 院だけでできない所までフォローでき、コミュニケーションのキッカケになる

本日は、愛知県半田市にあります、都接骨院の間瀬博吉先生にお話を伺いました。

Q「間瀬様、本日はよろしくお願いします!まずは間瀬先生の想い・都接骨院のビジョン・強みについて教えてください。」

当院のビジョンは、地元である半田市の方々に信用・信頼して通ってもらえる治療院であることを念頭に皆様の健康をサポートして行きたいと思っています。 また、いつ来ても何年後にまた来院された際も私自身が必ず診ることを強みとしていますので、その方を一貫してサポートさせていただいています。 来院された患者様に対して、家族として診るを心がけ、「この方はもう通院しなくても大丈夫」「この方は病院に行った方がいいね」など自分の家族だったらどのようにアドバイスするかを考え日々向き合っております。

リハサク導入のキッカケ

Q「リハサクを導入していただいたキッカケについて教えてください。」

通院を繰り返す中で症状が改善してきた方から多くの方が潜在的に自宅で自分に合った運動は何をしたらいいのだろうか?と思っているニーズは多くあるとヒシヒシと感じていました。

その際に、以前はスタッフにある程度の運動を理解してもらった上で、適宜そのような声に対してできる範囲のサポートしてもらうようにしていました。 ただ、そのスタッフが抜けたりしたらまた一から教えないといけなくなります。 その都度時間的コストがかかる上、スタッフの運動レベルにより習得時間もさまざまであり、運動の標準化に対しても課題を感じていました。 これらの問題を解決していく中で、より患者様とのコミュニケーションのキッカケにもなると感じことが導入のキッカケになります。

リハサクの具体的な提供・使用方法

Q「具体的にどのような患者様に対してリハサクを提供しているのですか?」

症状の経過に合わせて提供

通院して3回目くらいで、自主的に「自宅で何をすればいいですか?」と聞いてくる人が多いので、そのタイミングで提供する患者様もいれば次回来院した際に提供するなど、症状の経過に合わせてリハサクを利用しています。

予防・パフォーマンスUpしたい人にも提供

症状が改善してきた患者様の中でも、「またゴルフをできるようにしたい!」などの要望がある方にも提供しており、70代の方でもリハサクを利用して目標に向けた自主トレメニューを動画で送っています。

Q「リハサクで運動メニューの作成はどの時間にしてますか?」

運動メニューの作成は、すき間時間の約3分ほどでメニューを作成します。 患者様を診ている際に、ある程度の運動メニュー構成は考えていますが、リハサクの機能を使いながら患者様に合った運動メニューを構成しています。 運動メニューを選択する時は、絞り込み機能を使用しながらまず3~4個ほど運動を選択します。そこから、変更機能を元にその方ができる姿勢・危なくない姿勢に既存のメニューから関連した運動に変更し、定型文を添えています。

 

リハサク導入による効果

Q「リハサクの導入で、どのようなところで役立っていますか?」

1)院だけでできない所までフォローできる

院内でのアプローチは施術がメインになるため、施術から運動に繋げる所までのフォローに時間をそこまでかけれていませんでした。次回施術とのプランニングを立てながら患者様の要望と症状の経過を鑑みて自宅でのフォロー・次回の施術に繋げるためにリハサクを使用しています。

2)業務効率化・運動の標準化

今まではスタッフにある程度の運動を理解してもらった上で、対応してもらうこともありましたが、理解してもらうために使っていた時間の削減に繋がり、スタッフにより運動指導レベルに差もありましたが、患者様みなさんに統一した内容の運動を提供できています。

3)コミュニケーションのキッカケに役立つ

運動メニューを送ることをキッカケに、患者様とのコミュニケーションにも繋がりますので、リハサク導入と同時に施設専用のLINE公式を開設(以前は違う媒体を利用)した影響もありますが、以前よりメッセージを送る患者様は格段に増えています。

Q「最後に、どんな人(施設)にリハサクをおすすめしたいでしょうか?」

一人治療院の先生は特におすすめしたいです。院内でのアプローチは、施術がメインの先生が多いかと思いますが、運動メニューの提供も施術と組み合わせた先生のプランニングが重要かと思います。 運動メニュー作成もそんなに時間を取られず、ただ動画を送るだけでなく患者様それぞれに合わせた運動をこちら側で組んでいるのでオリジナル性も出せ、ビジョンとマッチする一人治療院の先生は多いのかなと思います。

「間瀬先生、本日はお忙しい中インタビューにご協力いただきありがとうございました!」

都接骨院

住所:〒475-0821 愛知県半田市船入町20

TEL: 0569-26-3140

休診日: 水・祝・日曜午後休診

URL: https://www.miyakohanda.com/

より効果的で、
円滑なリハビリを。

資料請求・導入ご相談・その他、 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。