柔道整復師がなれる機能訓練指導員とは?機能訓練指導員になるための方法やキャリアアップの方法について解説します

今回こちらの記事を読んでいただいている皆さんは柔道整復師資格を保有しており、これから機能訓練指導員を目指されている方がほとんどだと思います。そこで今回は、機能訓練指導員とはどんな職業なのか、また柔道整復師資格との関連性についてもご紹介していきたいと思います。

そもそも機能訓練指導員とは?

機能訓練指導員とは介護保険法により決められた職種のひとつで、資格そのものは存在しません。ケガ・病気・加齢などで支援が必要になった方に対して、一人ひとり身体の状態に合わせて機能訓練やリハビリを行い、健康で自立した生活を送れるように支援するのが機能訓練指導員の役割です。

デイサービス(通所介護施設)やショートステイ(短期入所生活介護施設)、特別養護老人ホームでは、機能訓練指導員を施設に1人以上配置するように義務化されています。

機能訓練指導員になるには柔道整復師の資格が必要?

では機能訓練指導員は、どのように介護保険法で定められているのでしょうか?機能訓練指導員として業務を行うための必要条件について解説していきます。

機能訓練指導員になるには医療系国家資格が必要

機能訓練指導員になるためには、下記の医療系国家資格のいずれかを取得している必要があります。

  • 看護師または准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 柔道整復師
  • はり師・きゅう師

このように機能訓練指導員になることができるのは柔道整復師のみではありません。上記の医療系国家資格を持っていることで、デイサービス(通所介護施設)や特別養護老人ホームなどの施設において機能訓練指導員として利用者の機能訓練に携わることができます。しかし、同じ医療系国家資格といっても、医療に携わる専門分野が違うため、所有している資格により機能訓練指導員としてのポジションが変わります。

柔道整復師は、整骨院・接骨院での実務経験があると、機能訓練指導員として重宝されるでしょう。また、筋肉や骨、関節などの運動器に関して知識が豊富なため、スキルアップのスピードが早い傾向にあります。

鍼灸師のみ実務経験が必要

鍼灸師、いわゆる「はり師・きゅう師」は、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて、身体に本来ある自己治癒力を高め、症状を改善していきます。平成30年(2018年)から機能訓練指導員の資格要件が緩和され、新たに、はり師・きゅう師も機能訓練指導員として認められました。ただし、はり師・きゅう師以外の機能訓練指導員が在籍する施設で、半年以上の実務経験が必要になります。機能訓練指導員の人材不足緩和のため、資格要件が見直されたようです。

機能訓練指導員として働く柔道整復師の給与や就職先

それでは次に機能訓練指導員として働く柔道整復師の給料や就職先について解説していきます。

機能訓練指導員の給与

厚生労働省の「介護職員の処遇改善についての取組」の資料の中に、介護職員と他職種との賃金の比較の表があります。

その表の平成28年9月のところを見てみると、機能訓練指導員の平均給与は月に約34万円となっています。介護職の中では、看護職員の次に高くなっており、介護支援専門員(ケアマネジャー)よりも高い数字でした。

ただし、機能訓練指導員はさまざまな医療系国家資格保有者で構成されているため、機能訓練指導員として働く柔道整復師のみの平均給与ではありません。取得している資格や勤務する施設によって、給与は差が出てくると考えられます。

機能訓練指導員の就職先

機能訓練指導員としての就職先は、主に2種類あります。

1つ目は「介護福祉施設」です。介護福祉施設とは、デイサービスや特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどを指します。基本的にはサービスの中の運動時間を使って、レクリエーションなども加えながら機能回復訓練を行います。施設の人員配置によっては、機能訓練指導員が身体介護や送迎などの業務も並行して行う場合があります。

2つ目は「要介護者向けの医療施設」です。要介護者向けの医療施設とは、介護療養型医療施設や病院併設型リハビリステーション、介護老人保健施設などのことを指します。これらの施設では比較的重度の障害を抱えている方が利用されます。そのため、機能訓練指導員は在宅復帰ができるように機能回復訓練指導を行っていく必要があります。

柔道整復師資格保有の機能訓練指導員が目指すキャリアアップ

最後に、柔道整復師の資格を保有している機能訓練指導員が目指すキャリアアップについてご紹介します。

機能訓練の知識を深める

これまでにもご紹介した通り、機能訓練指導員は様々な施設であらゆる方々の機能訓練指導に携わります。日々進歩している運動療法の中で、各個人の状態に合った運動メニューの提供が求められるでしょう。特に柔道整復師の機能訓練指導員は、運動器のスペシャリストとして期待されていますので、日頃から運動機能の知識を深め、適切な運動指導を行うことが大切です。

施設で主任や施設長になる

機能訓練指導員としてのキャリアを積んだあとは、主任や施設長などを目指すと良いでしょう。機能訓練指導員は、知識や技術の習得はもちろん、利用者や従業員からの信頼を得ることが必要になります。主任や施設長になると、人材育成をしたり経営管理をしたりと役割や責任は増えますが、さまざまな知識や経験が得られるため、キャリアアップが望めます。

独立開業する

前述の通り、デイサービス(通所介護施設)やショートステイ(短期入所生活介護施設)では機能訓練指導員を1人以上配置するよう義務化されていますが、柔道整復師が機能訓練指導員として独立開業をすれば、新たに機能訓練指導員を雇用する必要がありません。介護業界全体が人手不足でなかなかが良い人材集まらない中、機能訓練指導員の枠を自分で補えるのは大きなメリットになります。

機能訓練指導員としてのキャリアを積んでいく中で、独立開業というキャリアアップも選択肢の1つになるでしょう。

まとめ

機能訓練指導員は、これからの介護分野に必要不可欠な存在です。上記のような医療系国家資格を取得していると、機能訓練指導員になれます。柔道整復師はその中で得意分野を生かして、さまざまな活躍が期待できます。知識を深めて、技術を身に付けるとキャリアアップも目指せる、やりがいがある職種です。柔道整復師の本来の仕事も面白いですが、介護分野の仕事も面白味があります。興味がある方は、機能訓練指導員を目指してみてはいかがでしょうか?

<参照元>

https://www.jusei-sinkyu.com/judo/blog_sports/?p=4619

https://job-medley.com/tips/detail/742/

https://jsite.mhlw.go.jp/miyagi-roudoukyoku/var/rev0/0119/7604/kaigo22.pdf

https://www.jusei-sinkyu.com/judo/blog_sports/?p=4619

https://job-medley.com/tips/detail/742/

https://relax-job.com/contents_list/8842

Close Bitnami banner
Bitnami