整骨院・接骨院でメニューの一例を紹介!料金設定は?

整骨院・接骨院を経営されている方、もしくは、これから整骨院・接骨院を経営しようとしている方は、どのようなメニューを提示すれば患者が満足するのかを知りたいですよね。

そこで今回は、整骨院・接骨院を経営するときにおすすめのメニューを紹介します。

整骨院・接骨院で保険が適用されるメニューについて

整骨院・接骨院では、すべての施術で保険が適用されるわけではなく、決められた一定のメニューのみ保険診療が可能となります。

保険が適用される症状とは

整骨院・接骨院で保険が適用される症状は、以下の通りです。

  • 骨折
  • 捻挫
  • 脱臼
  • 打撲
  • 挫傷

これら以外の施術では保険が適用にならない場合が多いですので注意するようにしましょう。

保険適用のメニューが適用されない場合

整骨院・接骨院の施術では、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」の場合のみ保険が適用されますが、骨折と脱臼に関しては、緊急を要する場合を除いて医師の同意を得ていない患者の施術をすることはできません。

また、単なる肩こりの解消や筋疲労を癒す目的の患者に対しては保険は適用されず、そのような慰安目的の患者に対しては、後述する「自費負担のメニュー」が適用されます。

他には、保険医療機関(病院・診療所)で「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」の治療を受けている患者には保険が適用されません。

保険適用のメニューの中でも、骨折と脱臼に関しては医師の同意を得てからの施術が必要になることを覚えておくといいでしょう。

保険施術と自費メニューの違いは明確にしておこう!

整骨院や接骨院では、保険が適用されると自費負担のメニューが混同されやすいです。保険適用のメニューと自負負担のメニューの違いを明確に分けておかないと、後でトラブルの原因にもなりかねません。

そのため保険適用のメニューと自費負担のメニューの違いについては、わかりやすく説明しておいた方が良いでしょう。

ホームページがある場合は、保険適用のメニューと自費負担のメニューの欄を、ハッキリと分けてあげるとわかりやすいです。

ホームページがない場合は、メニュー表をより見やすくするなどの工夫をして、保険適用のメニューと自費負担のメニューの違いを伝える必要があるでしょう。

整骨院・接骨院で行われている自費メニューについて

整骨院・接骨院で行われている自費メニューの種類や、自費メニューを展開する際の注意点について解説していきます。

自費メニューの種類

整骨院・接骨院で取り入れられている自費メニューの種類には主に以下のようなものがあります。

  • カイロプラクティック
  • リラクゼーション
  • 頭痛緩和
  • ストレッチ
  • 産後骨盤矯正
  • スポーツマッサージ
  • テーピングや簡易ギブス

さらに個性的なメニューで言えば、耳つぼダイエットや眼精疲労マッサージ、吸い玉療法や美顔鍼などを提供する整骨院・接骨院もあります。

「ここでしか受けられない」という施術メニューがあると、それが評判となって顧客が増えるという好循環を生みだすため、ユニークな自費メニューを展開するのも良いでしょう。

積極的に自費メニューをアピール

保険適用内で通院していた患者に対して自費メニューを勧めることは、慎重におこなうべきです。患者は経営側の本音に敏感に反応するため、利益重視で迫っていくと離れてしまう可能性があるためです。

しかし、慰安目的の自費メニューに魅力を感じる患者も多くいらっしゃいます。

特に保険が適用する範囲内の施術では満足できない患者様も多く、多少高いお金がかかってもより良いサービスを求めている患者様も多いのです。

そんな方たちに向けて自費メニューを勧めることは、整骨院・接骨院の経営側としては必須事項と言えます。

経営側としても、療養費が減少傾向にある近年において安定的な経営を図るためには、保険適用内のメニューだけでは厳しいのが現実です。年々療養費が減少している中でも整体院・接骨院を安定的に経営するためには、積極的に自費メニューを取り入れていくべきでしょう。

顧客のニーズに沿って無理のない範囲で自費メニューを勧めるのであれば、施術者側にも患者側にもメリットが生じます。

自費メニューを展開する際の注意点

自費メニューを導入する際には、現状の価格から急激に価格帯を変更するのは避けた方が良いでしょう。

上記でもご紹介しましたが、現状で保険診療しか行っていない施術所の場合、高額な自費メニューをされると患者の離反に繋がってしまうこともあります。

あくまでも患者様に寄り添った形で自費メニューを取り入れていくことが大切であり、利益追及の姿勢をを前面に出さないようにしましょう。

整骨院・接骨院で自費メニューを展開する方法

整骨院・接骨院で自費メニューを展開するには、相応の技術を身に付けたり、準備をする必要があります。

ここでは、自費メニューを展開する方法について解説していきます。

必要な機材の購入やスキルの習得を行う

整骨院・接骨院では物理療法の機器を購入することで他の整骨院・接骨院には無いメニューを展開することができます。

また、鍼灸やカイロプラクティックなどの資格を取得したりスキルを身に付けたりして、自費メニューでおこなえる施術の幅を広げるという方法もあるでしょう。

前者・後者ともにメリットデメリットがありますので、しっかりと下調べを行った上で導入する必要があります。

特に、前者の方では機器の購入代金を回収するまでに長い年月がかかりますので、資金的な余裕が必要になります。

現状での金銭的・時間的余裕を考えながら、自分たちの施設に望ましい方法で自費メニューを展開するようにしましょう。

適切な料金設定を行う

これまでもご紹介してきましたが、自費メニューを展開する上では価格設定がとても重要な要素になります。

良質な自費メニューであっても料金設定を誤ったばかりにリピーターがつかなかったり、既存顧客が離れていったりすることもあるでしょう。

適切な価格設定がわからないという場合は、近隣の整骨院・接骨院がどのような価格設定をしていて、どれだけ繁盛しているのかをリサーチする必要があります。

自分本位な価格設定では顧客がつかないため、しっかりと競合と比較して、適切な価格設定を行うことが大切です。

自費メニューを広告する

いくら自費メニューを導入しても、患者に知ってもらえなければ意味がありません。ですので、新たに自費メニューを設定した場合は、店舗内に紹介ポスターを貼るだけでなく、ホームページなどで紹介することをおすすめいたします。

広告にはチラシやパンフレット・地域の冊子などさまざまな媒体がありますが、最もお金がかからず効果的な媒体はやはりホームページです。

自費メニューを導入した背景から、自費メニューによって得られる効果まで、患者が安心して施術を受けられるように説明すると良いでしょう。

【整骨院・接骨院】メニューに関するまとめ

整骨院・接骨院における自費メニューについて、詳しくご紹介してきました。これから自費メニューの導入を検討していらっしゃる経営者の方々は、上記の内容に気を付けるようにしましょう。

この記事を参考にして、自費メニューを導入することで少しでもプラスを生み出していただければ幸いです。

<参照元>

https://www.keigetsudou.net/price/index.html

http://www.healthy-partner.com/contents/about/cost/

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/jyuudou/index.html

http://www.healthy-partner.com/contents/about/cost/


リハサクを使って再診率を大幅に向上!
"運動指導×患者コミュニケーション"ツール


【整骨院・接骨院】リハサクの活用事例

  • 最新のエビデンスに基づいた効果的な施術
  • 患者満足度向上による再診率アップ
  • 自費メニューを導入することで保険に頼らない経営
  • 施設での運動療法を自動化することで人件費を削減

Close Bitnami banner
Bitnami