整骨院・接骨院でチラシを作る際の注意点をご紹介!チラシで効果的に集患するには?

整骨院や接骨院で集客する方法のひとつにチラシがあります。チラシと言えば短期的なキャンペーンの告知に用いるものと考える方も多いでしょうが、実は長期的な宣伝にも効果的で相性の良い宣伝手段です。

今回は、チラシを作成するにあたってどのような準備が必要なのか、より多くの人の目に触れる工夫、そして広告規制を受けないために気を付けたいことをお伝えします。法律面を考慮しつつより魅力的なチラシを作るためにも是非参考にしてみてください。

整骨院・接骨院の患者集客には欠かせないチラシ

整骨院や接骨院を経営していく上で、大事な集客方法のひとつと言っても過言ではなないチラシ作成。現在ではインターネットやSNSの普及により、ホームページの作成やSNSを使った集患も目立っています。しかし、地域に根差した整骨院を経営して行くにはインターネットを利用しつつ、チラシでも積極的にアピールするのが効果的です。

整骨院や接骨院などの治療院はチラシとの相性が良いとされ、チラシの性質上、特に新聞を定期購買している中高年以降の方の目に留まりやすく、インターネットをあまり利用しない方に向けて効果的なアピールにもなります。またチラシに目を留めた方が整骨院のターゲット層ではなくても、家族や友人に知らせてくれることも。新規顧客を獲得するために、是非チラシを活用してみましょう。

整骨院・接骨院でチラシを作成する前に

チラシを作成するにあたって、事前にしっかりとリサーチしておくことが大切です。整骨院の強みを洗い出しや来院してほしいターゲット層を明確に、周囲にはどのような人が暮らしているのかなどのリサーチも大事。それぞれを解説していきます。

ターゲット層を明確にする

開業の際もターゲット層を決め、その層に沿った自費メニューの作成などをしたことでしょう。チラシを作成する際も、改めてターゲット層を明確にしておくことが大切です。例えば、スポーツ外傷を得意とする整骨院なのに、ごく一般的な整骨院の施術内容のチラシでは、本当に来てほしい層へのアプローチはできません。

ターゲットを決めてしまうと、ターゲット層から外れた患者さんは来なくなってしまうと考えがちですが、実際にはそんなことはありません。逆にすべての層を対象にしてしまうと、コンセプトがぼやけて本当なら来てくれるはずの患者さんを逃してしまうことに。年齢層や性別、疾患別などでターゲット層を決め、その層に届くような訴求して来院を促しましょう。

経営する整骨院の強みを洗い出す

現在、整骨院や接骨院の数はコンビニエンスストアの軒数に迫る勢いです。地域の中にも整骨院が複数あるのも珍しくないでしょう。近隣に複数の整骨院がある場合、大切なのがご自身の整骨院の存在を知ってもらい、名前を覚えてもらうことです。また近隣の整骨院との違いを患者さんに知ってもらう必要もあるでしょう。

チラシを作成する際は、整骨院の名前や場所、自身の整骨院の特徴を知ってもらうために、まずは自身の整骨院の強みの洗い出しを行います。これまで患者さんに施術をする中で、得意な症状や施術方針、年齢などがあるかと思います。そうしたご自分の得意分野を整骨院の強みとしていくのも一つの手法でしょう。

近隣のリサーチ

チラシの内容により興味を持ってもらうためには、近隣のリサーチも入念に行いましょう。リサーチの対象は地域住民と同業となる近くの整骨院や整体などです。地域住民の年齢層や世帯構成、住宅街、オフィス街などをリサーチしましょう。例えば、住宅街なら家族そろって利用できるような文言をチラシの中に盛り込んだり、オフィス街であれば仕事終わりからでも利用できることを知らせれば、チラシを見た人が興味を持ってくれるはずです。

また近隣の整骨院や整体の特徴を知っておくことも大切です。競合となる整骨院と同じところはどこか他の整骨院と差別化できるポイントは何なのかを把握してチラシの作成に活かしましょう。

多くの人にチラシを見てもらう工夫

患者さんが興味を持つチラシを作成しても、多くの人の目に触れることができなければ、チラシの特性を十分に活かせているとは言えません。そこで新聞折込やポスティング、HPやSNSと連携して、整骨院の魅力をより多くの人に届けましょう。

新聞折込やポスティングを利用

みなさんがチラシを目にするのはいつでしょうか。多くの場合は、新聞の折込や自宅ポストへの投函によって届けられています。チラシを多くの人に届ける方法として、まず思いつくのがこの方法でしょう。それぞれの特徴は以下です。メリット・デメリットを考慮してどちらを選択するのか、あるいは両方利用するかを検討しましょう。

【新聞折込の特徴】

  • 配布するエリアを地域の販売店単位で区切れる
  • 大量の枚数でも一日で配布できる(在庫を抱える心配は少ない)
  • 見ている側にチラシまで目を通す習慣があり目に留まりやすい
  • 新聞を定期購買していない家庭には届かない

【ポスティングの特徴】

  • 配布するエリアをより細かく指定できる
  • 冊子やマグネットなどチラシ以外のものも配布可能
  • 配布完了までに時間がかかる場合がある(在庫を抱える可能性)
  • ポスティングを希望していない家庭からのクレームの可能性がある

短期・長期で使い分ける

チラシは期間限定イベントや、新規開店のための顧客集客ツールとして短期キャンペーンの販促ツールの一つとして用いられることが多いです。

しかし、整骨院が中長期的に地域に根差した経営をしていくためには第一想起を勝ち取る必要があります。これは、「不調になったときに思い出す整骨院」で自院が真っ先に思い出される必要があり、そのためにはより本質的な施策を取っていきましょう。具体的には患者満足度の向上に繋がる施術の質、先生と患者間の信頼関係、コミュニケーションなどの要素が重要になってきます。

一度の配布ではなく定期的な配布を続ければ、チラシを目にしたタイミングとそのとき起こった症状が当てはまるかもしれません。利用のタイミングが読み難い整骨院の場合は、特にお知らせなどの短期的なチラシも利用しながら、地域住民に長期的に何度もアプローチする方法が最も効率的なやり方だと言えます。

HPやSNSと連動させる

整骨院の広告手段はチラシのほかにホームページやSNSなどがあります。これらはどれか一つに注力するよりは、すべてを万遍なく活用しましょう。現在、チラシには住所や電話番号のほかにホームページのリンクやSNSのQRコードを記載する場合がほとんどです。チラシではデザインの都合上記載できなかった情報も、サイトにアクセスすることで整骨院の特徴をより詳しく把握できます。

またSNSはこまめに施設の様子を伝えるのにぴったり。季節のトピックやスタッフの様子などをこまめに伝えましょう。

広告規制には注意

魅力的なチラシを作るためには他の整骨院や接骨院と差別化を図る必要があります。しかし、柔道整復師を含む医療従事者は広告の制限に関する法律があり、それを遵守しなければいけません。その対象はインターネットだけではなく、チラシや冊子なども含みます。ここでは法律の種類と有効な表現の仕方、広告違反があった場合にどのような処罰が課せられるのかを解説します。

広告規制に関連する法律

整骨院や接骨院は提供するサービスは「医業類似行為」にあたり、その目的は施術内容により法に基づくものとそうでないものに分類されます。また医療行為は医師法によって、医師のみができる行為として厳しく定められ、整骨院や接骨院で医療行為を行うことは認められていません。

そのためホームページやSNS、チラシなどでも医療行為と誤認させるような表現や病気や症状改善などの誤解をあたえる表現は各法律で厳しく制限されています。これらの法律を知らずに使ってしまうと、法律違反になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

【整骨院の広告表現の規制に関係する法律】

  • 柔道整復師法
  • 医師法
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律
  • 医薬品医療機器法(旧薬事法)
  • 景品表示法

など

チラシの表現方法に注意する

ではどのような表現は規制の対象となるのでしょうか。

「柔道整復師法第24条 広告の制限」で記載できる事項は以下のみです。

  • 柔道整復師である旨並びにその氏名及び住所
  • 施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
  • 施術日又は施術時間
  • その他厚生労働大臣が指定する事項

例えば、プロフィールに所有資格を明記することは可能ですが、ご自身のこれまでの経歴や施術件数などはチラシや情報誌で記載することはできません。そのため、インターネットで経歴を紹介するなどの対策が必要です。

また、以下の点もチラシや情報誌では標ぼうすることができません。

  • 適応症の記載(腰痛・肩こり・冷え性など)
  • 治療・治るという表現
  • 施術方法や手技、それに関する写真
  • 法律以外の疑似医療行為
  • 来院を促す旨の表現(「こんな症状はありませんか?」「一度ご来院ください」など)
  • 施術にかかる料金の記載

ご紹介したものは一例であり、法改正により表現の仕方は定期的に見直されています。チラシや情報誌を作成する際は医業に詳しい専門家のリーガルチェックを受けましょう。但し、ホームページや院内で表現出来る内容はチラシの制限内容とは異なります。概して、ホームページや院内の方が基本的には制限がより緩くなっています。

もし、より自院の詳細をアピールをしたい場合や、デジタル世代にアピールした場合はチラシだけでなく、ホームページも活用されることをオススメします。

もし、チラシに広告規制違反があったら

通常、広告規制違反が発覚した場合には指摘が行われ、指導により改善を促されます。指導を受けたにも関わらず、問題のある広告の使用を中止や改善をしない場合は刑事告発される場合もあります。、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることも。また行政指導後も報告を怠ったり、虚偽の報告をしたりすると、罰金が適用されます。

普段から広告規制に関する知識を付けるほか、専門家の手を借りるなどの対策を講じて、もし、そのような指導がなされた場合には速やかに改善しましょう。

まとめ

経営する整骨院や接骨院のことを地域住民含めて多くの方に知ってもらうには、チラシは効果的な宣伝ツールです。特性を理解して魅力的なチラシを作成しましょう。また、作成の際には法律によって表現の仕方に規制があることも理解しておきましょう。本記事を参考にチラシでの集患に役立ててくださいね。

<参照>

Close Bitnami banner
Bitnami